ファッション
2019/9/17 20:30

まずは足元から秋支度を。私服に合わせたい「ブラウン」の革靴4選

秋はやっぱりブラウン

待ち遠しい秋(気温の低さ)。そろそろコーディネートを秋仕様にしたい!なんて考えている方も多いのでは? ただ気温はまだまだ高く、秋服を取り入れるのはちょっと厳しい。そこで、注目したいのが足元。普段履いているスニーカーやサンダルを革靴に変えることで、グッと秋冬のムードが漂います。

今回は、秋冬のスタートを切るのに最適な「ブラウン」の革靴をご紹介。集めたのは休日の私服に合わせたい品々です。参考にどうぞ。

間違いないファクトリーブランド

 

normal_98593943-1

 

KLEMAN – Padre ¥19,980(税込)

まずは、軍や役所などに納品をしていた実績を持つフランスのファクトリーブランド〈KLEMAN〉の一足を。チロリアンシューズをモチーフにしたこちらは、ホールド感、グリップ力があるラバーソールなど、ワークシューズならではの機能性と耐久性に優れた一面を見せます。

フランス製にして高いクオリティとコストパフォーマンスが実現できるのは、ファクトリーブランドならでは。またソールは水を通しにくく、雨を気にせずに履くことができる仕様なので、天気の変化が激しい秋に嬉しいポイントです。

WEEKENDER SHOP – 芹澤 伸介
スタッフページを見る

元祖ローファー

 

normal_98593943-1

 

G.H.BASS – LARSON ペニーローファー ¥17,280(税込)

お次は、世界で始めてローファーを作ったと言われる老舗ブランド〈G.H.BASS〉のものを。余計な装飾を省いたルックスが潔く、定番の一足となっており、ローファーデビューという方にもオススメのモデルです。

また、シンプルなデザインだからこそ、プライベートはもちろん、ビジネスシーンでの活躍も期待できます。歴代のアメリカ大統領も履いていたとも言われるこちらのモデルは、品質、コストパフォーマンスも申し分なし。

まさかの2WAY仕様

 

normal_98593943-1

 

HIROSHI TSUBOUCHI – 別注 ビットローファー スムース ¥23,760(税込)

続いては、今期注目のビットローファーをご紹介。〈HIROSHI TSUBOUCHI〉のEDIFICE別注モデルによる一足は、かかとを踏んでスリッパのように履けるというユニークなデザインが特徴。「革靴を気楽に履きたい!」なんて方にはぜひともオススメです。

その日の気分に応じて、かっちりめにもカジュアルにも対応してくれるので、一足持っておくかなり重宝しそう。秋にぴったりなブラウンもお見逃しなく。

EDIFICE TOKYO – 内田
スタッフページを見る

100年続く老舗ブランド

 

normal_98593943-1

 

Paraboot – CHAMBORD ¥71,280(税込)

最後は、フランスの人気シューズブランド〈Paraboot〉の定番モデルであるシャンボード。耐久・耐水性に優れたノルウェイジャン製法で製作されており、雨に強く、メンテナンスもあまり要らないという万能な一足。

また、スーツに合わせた時のボリューム感が品よく、ジーンズに合わせたときも綺麗なイメージを演出できるのもこのモデルの強みです。 HERMSに納品をした実績もあり、その品質は折り紙つきです。

SECOURS – 林田浩一郎
スタッフページを見る

秋の1歩目を踏み出すのに最適なアイテムたちが集まったのではないでしょうか。何か気になるものがございましたら各スタッフまでお気軽にご相談ください。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

TAG
SHARE ON