ファッション
2019/9/21 17:00

“革靴未満”の高級感。セットアップに合わせるスニーカーは「LIBERIO」が正解です。

セットアップにちょうどいいスニーカーって?

セットアップの足元と言えば、スーツ感覚でフォーマルな革靴を合わせるとなんだか堅苦しく、かといってスニーカーもカジュアルすぎて浮いてしまいがち。セットアップに合わせるシューズは“カジュアルとフォーマルの中間”という絶妙なバランスが求められるわけです。

仕事着としてのセットアップがメジャーになりつつある中、「結局スーツの方が楽じゃん!」なんて嘆きたくもなりますが、待ったをかけるかのように理想的な一足を発見。日本発の新鋭ブランド〈SLACK FOOTWEAR〉の「LIBERIO」です。

ドレスシャツの意匠を足元に

オーセンティックなデザインながら、カジュアルさはゼロ。“よそいきのスニーカー”と呼べそうな第一印象です。そう思える理由は、一部が二層構造になったアッパーにあり。これによりシューレースが隠れて、レザーライクな素材の高級感が強調されているんです。ちなみに、「もっとシンプルなほうがいい!」という時は、シューレースを外してスリッポン感覚で履くことも可能。

デザインにはもう一つ秘密が。独特なフロントのモチーフは、なんと、シャツによく見られる“比翼仕立て”。前立てを二重にしてボタンを隠すことですっきりと見せるディテールで、礼装用のドレスシャツに多く用いられるものですね。ビジネスシーンと相性がいいのも、そう聞けば納得です。

横から見るとシューレースはほとんど見えません。このミニマルさがポイント。

カラーリングはシューレースからライニングまでブラックに統一し、マッドガード(アウトソールの先端にぐるっと巻きつけられた泥除け)も一般的なものよりも小ぶりに設定。カジュアルな要素をとことん排除しています。このスニーカー以上革靴未満なさじ加減は、まさに“中間”。セットアップに合わせない手はありません。

 

毎日でも履きたいデザイン&高機能

さて、実際にFACYでマーケティングマネージャーとして活躍する埴岡瞬さんに、いつものセットアップに合わせて履いてもらいました。すっきりとした9部丈のパンツとも相性が良く、カラーリングやスマートなシルエットのおかげで悪目立ちすることもありません。

写真のようにカーキ色と合わせてもよし、定番のネイビーや、ちょっぴりカジュアルなベージュ、トレンド感のあるチェックとも相性は抜群です。

ビジネスにぴったりな雰囲気がら、アッパーに用いられているマイクロファイバーレザーは汚れや水に強く、手入れも簡単。これなら休日なんかも頼れます。お値段は12,000円を切るなど、コストパフォーマンスに優れた一足といえます。

“セットアップの足元難民”な方も、単におしゃれなスニーカーをお探しの方も、ぜひご検討あれ。

TAG
SHARE ON