ファッション
2019/9/23 10:00

無地だけど天の邪鬼な「ロンT」4枚

無地のロンTは使えるけど

秋口はロンTの季節。その中でも汎用性の高さや品のある表情を求めるとなると、やはり「無地」が欲しいわけです。ただ無地とはいえ、天邪鬼なユーザーの皆さまは周りと被らないアイテムが気になるはず。

というわけで今回は、そんな贅沢な悩みに応えうる、セレクトショップ渾身の一枚をご紹介。ニッチなチョイスで周りと一歩リードしましょう!

細部に見えるこだわり

 

normal_98593943-1

 

Have a good day – Loose L/S Tee ¥7,020(税込)

一見シンプルながら、細部に光る個性が見られる〈Have a good day〉のロンT。生地はしっかりとし、透け感も少なく、サラっと乾いた生地感が特徴の天竺編みのものを使用。さらにネックにはバインダーネックを採用し、洗濯による伸びを軽減。その他、巻き上がったような裾や、立体的なシルエットなど、「他とはなんか違う」特徴がちらほら。これ一枚着て、ハブアグッドデイ。

さりげない個性

 

normal_98593943-1

 

YSTRDY’S TMRRW – THERMAL MIX PANEL TOP LS ¥15,120(税込)

“今着たいリアルクローズ”を提案す東京ブランド、〈YSTRDY’S TMRRW〉のロンT。左の袖部分に切り替えが見られるアシンメトリーなデザインが特徴です。素材にはサーマル生地を使用し、寒さがやってくるこれからの季節は願ったり叶ったり。定番のホワイトの他、季節感のあるカラーが物欲をそそります。

被らないデザイン

 

normal_98593943-1

 

THEE – カットソー Apron VC-CS-01 ¥16,200(税込)

見た目のデザインで個性を出したのは〈THEE〉。背中で身頃とは異なる生地を大胆に切り替え、さらに裾をアシンメトリーに断ち切ることで他にはないシルエットに仕上がっています。しかし、あくまで無地。着丈も短めに設定されていることもあり、着やすさは確保されています。ワイドパンツなどと合わせるとバランスが取りやすいかと。

EHS Men – S.Hiroki
スタッフページを見る

レイヤードにも使える

 

normal_98593943-1

 

roundabout – サーマルロングスリーブ ¥12,960(税込)

長い着丈と深めのサイドスリットが特徴の〈roundabout〉。こちらもサーマル生地を使った一枚。今の季節に一枚で着るのはもちろん、秋が深くなってきた時季にはレイヤードでも活躍が見込め、着方に可能性を感じられます。一見難易度が高そうではありますが、筆者的には太めのデニムなどが合わせやすそう。

LENTON.W – Shintaro Wada
スタッフページを見る

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON