ファッション
2019/9/24 10:00

セットアップに合わせたい。フォーマルすぎない革靴4選

そろそろセットアップが着たくなる時季。インナーはTシャツやシャツでいくとして、悩むのは足元です。定番らしいスニーカーではさながらギラギラしたIT企業のビジネスマン。周りと被ることも考えると、避けたい選択肢です。また仕事用の革靴では、フォーマルすぎてセットアップの程よいカジュアル感が活かせない。

そこで提案したいのが、カジュアルな革靴。品のある表情はそのままに、抜け感も併せ持った革靴はまさにセットアップの相棒。ショップスタッフの絶妙なチョイスが光るラインナップですので、ご覧ください。

定番の安定感

 

normal_98593943-1

 

RED WING – POSTMAN OXFORD Suede ¥37,800(税込)

ワークブーツの代名詞的ブランド〈RED WING〉のポストマンシューズ。その名の通り、元々は郵便局員向けということで、長時間の歩行に耐えられるようクッション性の高いラバーソールを採用しています。

アッパーには風合いの良いスウェードを使用し、普段使いに丁度いいカジュアル感を演出。長く使えるのはもちろん、時代に流されない安定感は同ブランドならでは。

JOURNAL STANDARD 神戸店: 西田
スタッフページを見る

カジュアルなフォルム

 

normal_98593943-1

 

ANDALS – Medallion Cap Toe グッドイヤーウェルテッド製法 ¥39,960(税込)

丸みのあるフォルムと独特のボリューム感が特徴的な〈ANDALS〉のシューズ。狩猟用の靴として作られたもので、歩きやすさにフォーカスし、長時間歩いても疲れにくいのが魅力です。

また特筆しておきたいのが、ダークブラウンの渋い色味。セットアップはもちろんですが、デニムや軍パンと合わせても映えます。

WEEKENDER SHOP / 芹澤 伸介
スタッフページを見る

スニーカーなのか革靴なのか

 

normal_98593943-1

 

EDIFICE – ドレススニーカー プレーントゥ ¥19,440(税込)

合わせやすさだけでなく、履き心地にもこだわるなら〈EDIFICE〉のドレススニーカーがオススメ。アッパーは革靴、ソールはスニーカーという新鮮なアイテムで、カジュアル感を抑えるため、トゥはやや細めに仕上げています。

素材も合皮ではなく、しっかり本革。エンボスレザーを使用しており、高級感たっぷりです。

エレガントな面構え

 

normal_98593943-1

 

ferrante – viaggio シングルモンクタイプ ¥42,120(税込)

“カジュアルすぎず、フォーマルすぎない革靴”と来たら外せないモンクシューズ。〈ferrante〉のviaggioは、イタリアブランドらしい気品のある佇まいが魅力的です。

こちらは日本人の足に合うよう、別の木型を採用したモデルなので、見た目だけでなく履きやすさもすこぶる上等。革靴らしからぬ柔らかく、軽いつくりは大人の普段使いに丁度いいかと。

EDIFICE 博多店 – TERAI
スタッフページを見る

セットアップは足元でこそ差が生まれます。しっかり吟味してお気に入りをゲットしてください。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON