ファッション
2019/11/4 17:00

冬だからこそ色が映える。一万ちょいで足元を明るくアップデート

秋冬の足元事情

秋冬の重くなりがちなコーディネートには、一花添えて軽やかさを出したいところ。そこで「色物をどこに取り入れるか」が悩みどころですが、ハードルが低いのはやはり面積の小さい足元。

ということわけで今回は、明るい色やユニークな柄が目を引くスニーカーをご紹介。一万円付近で手が出しやすいメンツをチョイスしました。色物に抵抗がある方もこの辺りのアイテムなら試験的に取り入れられるかと。

馴染みやすいクラシックモデル

 

normal_98593943-1

 

adidas – adidas Originals アディダス オリジナルス GAZELLE ガゼル ¥10,989(税込)

色物でも、往年のクラシックモデルなら馴染みやすさが違います。その一角を担う〈adidas Originals〉のガゼルは同ブランドを代表するベストセラー。見慣れた方も多いはずです。何にでも合うデザインは、1足目の色物スニーカーにぴったりです。すでに今期のトレンドカラーであるブラウンを手に入れた方はイエローがしっくりくるかと。

実は白が一番派手?

 

normal_98593943-1

 

ZDA – 2100F ¥14,080(税込)

目を引き、軽やかさを演出できる色。その最たる候補として挙がるのが「白」でしょう。定番色ですが、意外と一番派手だったり。〈ZDA〉の白スニはその見た目だけでなく、クオリティーにもこだわりが詰まった一足。希少なヴァルカナイズド製法や風合いのあるシューレースなど、抜かりなしの面構えは同ブランドならでは。

遊び心が効いてます

 

normal_98593943-1

 

PUMA × CHINATOWN MARKET – SUEDE CHINATOWN MARKET ¥14,300(税込)

〈PUMA〉とニューヨーク発のストリートファッションブランド、〈CHINATOWN MARKET〉とのコラボスニーカー。秋冬らしいスエードを採用しながらも、ビビットな黄色と黒でチェック柄に仕上げた存在感のある一足です。かなり派手なデザインなので合わせ方に悩みますが、これをうまく合わせられてこそ洒落者(色数を抑えたストリートなスタイルが無難かと)。

alfredoBANNISTER代官山店
スタッフページを見る

お手軽なスニーカーこそ遊びをきかせて。この機会に色物スニーカーを押さえておきましょう。

またFACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON