ファッション
2019/11/18 17:00

「イナタいのが良い」。ワークな雰囲気のコーデュロイジャケットがほしい!

このイナタさが良いんです。

凹凸のある独特の素材感で、シーズンムードを高めてくれるコーデュロイのジャケット。良い意味で土臭く、ワークで男らしい雰囲気がたまらないんです。今回はショップスタッフのおすすめアウターをピックアップ。ブルゾン、カバーオール、テーラードとタイプの違うアイテムが集まったので、ぜひご参考に。

1.〈BARACUTA〉のG-9

 

normal_98593943-1

 

BARACUTA – G-9 winter Authentic Fit ¥63,800(税込)

スウィングトップの王様 〈BARACUTA〉のG-9も、コーディロイになると印象がガラッと変わります。紹介してくれたスタッフさんも「英国モノながら、アメリカンテイストも含んでいてカッコ良い」と絶賛。1950年代頃のシルエットを採用しているため、通常モデルよりシルエットはゆったりめ。シャツ&ニットも容易に挟めます。また、スウィングトップでは珍しい中綿入り(!)。イタリア発のハイテク中綿 “Thermore”が保温性を約束してくれるので、真冬のアウターとしても活躍必至です。

2.〈bluey〉のコーデュロイテーラードJKT

 

normal_98593943-1

 

bluey – corduroy tailored jacket ¥50,380(税込)

「若者よりも大人に似合う」なんて言葉がぴったりな〈bluey〉のコーデュロイジャケット。素材はもちろん深みのある色合いが、大人の渋みを上手に引き出してくれるアイテムです。ウエスト部分にドローコードが入っているので、そのまま綺麗に着るのはもちろん、シルエットに変化を付けてカジュアルに着崩すのもアリ。

encinitas – tyler
スタッフページを見る

3.〈FIRMUM〉のコーデュロイテーラードJKT

 

normal_98593943-1

 

FIRMUM – コットン8ウェルヘビーコーデュロイテーラードジャケット ¥38,500(税込)

ワーク好きに是非ともチェックしてほしいのが〈FIRMUM〉のテーラードジャケット。アイテム名には「テーラード」とありますが、4つポケットに、ゆったりとしたボックスシルエットと、デザインはほぼカバーオール。洗いをかけてややシワを出した太畝のコーデュロイも、ワークなデザインとばっちりハマってます。デニムや軍パンと合わせて、男らしく着こなしてやりましょう。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON