ファッション
2019/11/20 10:00

上品で暖かい。ハイネックのニットの準備を始めません?

「モックネックやハイネックのおすすめのニットを下さい(Kmさん/26歳)」

冬といえばやっぱりニット。いよいよ寒くなってきたので、「ハイネック」の一着が恋しいところ。首元をしっかり覆ってくれるので、やっぱり普通のクルーネックより暖かいのが魅力です。

加えて、ネックに高さが出ることで、クルーネックよりちょっと大人っぽい印象にもなるのがハイネックのニット。ほどよい高さのモックネックのタイプから、しっかり首元を覆うタートルネックまで揃ったのでぜひチェックを。

「高すぎず、低すぎず」が絶妙です

EDIFICE – ウール ボトルネックニット ¥19,800(税込)

タートルネックほどではないけど、しっかり高さがある〈EDIFICE〉のボトルネックニット。聞き慣れない言葉かもしれませんが、要はほとんどモックネックと同じ意味。

きちんとした上品さは残しつつも、タートルネックよりもすっきりとした印象です。高級素材のセーブルの毛をウールに混ぜることで実現した、滑らかな肌触りもポイント。

EDIFICE スクランブルスクエア店 – 松原 将平
スタッフページを見る

これぞ“毎日着たくなるニット”

comm.arch. – Hand Framed Mock Neck P/O ¥28,600(税込)

「やっぱりハイネックにはちょっと抵抗がある…」 そんな方には〈comm.arch.〉の一着がちょうどいいかも。クルーネックにちょい足ししたくらいの高さですが、印象は大きく変わります。

“毎日着たくなるニット”作りを貫く、同ブランドならではのこだわりにも要注目。生後6カ月以内の仔羊の毛から、さらに繊維の細い糸を厳選しました。しっかりした質感と柔らかな肌触りが同居する、なんともぜいたくな一着。

WEEKENDER SHOP – 芹澤 伸介
スタッフページを見る

冬のビジカジには欠かせない

301 – タートルネックミドルゲージニット ¥20,900(税込)

「やっぱりタートルネック派」というあなたには〈301〉のニットがおすすめです。シャツの代わりに、ジャケットのインナーに着ても成り立つきちんと感が頼もしい。つまり、冬のビジカジスタイルとも好相性です。

ジャストのサイズ感ですが、縫い目がないホールガーメント仕様なので、窮屈感は皆無。提案スタッフによると、ニットでありながら「カットソーのような軽い着心地」なんだとか。冬場のインナーとして、これなら安心して使い倒せそう。

Cedre Clothing Store(神戸・元町)
スタッフページを見る

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

TAG
SHARE ON