ファッション
2019/11/26 22:00

雑に扱えて、ダウン以上に暖かい。ケミカルな本格アウターがおすすめです

それっぽく見えないのが良い

昼夜で気温の差が激しい今日このごろ。昼はロンTやニット、スウェットあたりに任せておくとして、問題は夜です。一桁台の気温とはいえ、いかにも「防寒してます」感のあるダウンはまだ早いし、薄手の羽織りでは心許ない。

そこでおすすめするのが、アメリカ軍の要請によって生まれた「プリマロフト」を使った〈Keela〉の一着。ダウンと同等、またはそれ以上と言われる保温力を持ちながら、ロフト(かさ)感がないから見た目に“やりすぎ感”がない。おまけに羽毛にない撥水性もアリと、機能性を欲しいままにする“人工”っぷりです。

シンプルなデザインゆえ、雑に着てもおかしくならないのもポイント。アウター使いはもちろん、真冬はマウンテンパーカー、あるいはウールのコート、その他諸々のインナーとして優秀な働きを見せてくれることでしょう。

ちなみに、「プリマロフト」はネットに入れて洗濯してもOK。なので、ヘビロテしても清潔感を保ったまま秋冬を乗り越えられます。寒暖差にお悩みの方は、Lampaへお問い合わせを。

Lampa
住所:東京都杉並区高円寺南4-8-1

TAG
SHARE ON