ファッション
2019/12/21 10:00

流行のボリュームアウターには「スウェットシャツ」がおすすめです。

冬はパーカーよりスウェットシャツの方が使い勝手が良い?

モンスターパーカーを始め、スタンドカラーのボリュームアウターが人気を集めています。ただいつものパーカーを合わせようとすると、襟元(の後ろ)が交通渋滞に。せっかくの襟ですから、中途半端に潰れないようインナーにはスウェットシャツを合わせるのがおすすめです。ということで、今回は脱いでもサマになる面々をご紹介。

新鋭ブランドの珍しい裏毛スウェット

 

normal_98593943-1

 

alvana – WOOL JACQUARD RV SWEAT ¥22,000(税込)

肉厚だけどソフトな着心地が嬉しい、新鋭ブランド〈alvana〉の裏毛スウェット。希少な織り機で作られた“ジャカード”の裏毛はとても柔らか。USブランドのスウェットとはまた違った雰囲気で着られる一枚です。ホワイト、ブラウン、ブラックの3色展開。

EDIFICE スクランブルスクエア店 – 松原 将平
スタッフページを見る

上品なゆったりスウェットならコレ

 

normal_98593943-1

 

MAISON SPECIAL – 【世界最高峰】【小野メリヤス】プレミアムスーピマ裏毛クルーネックスウェット ¥10,780(税込)

カジュアルよりも上品という言葉が似合う、〈MAISON SPECIAL〉のスウェットシャツ。高級感ある光沢を持つ裏毛生地は、ハイクオリティなカットソー生地に定評のある老舗生地メーカー〈小野メリヤス〉と共同開発したもの。シルケット加工なしでこの光沢感がでるのはすごいです。サイズはややゆったりめ。オーバーだけどルーズ過ぎないシルエットがグッドです。

MAISON SPECIAL 青山店
スタッフページを見る

一枚持っておくと便利なやつです

 

normal_98593943-1

 

Traditional Weatherwear – QUILTED PATCH CREW NECK PULL OVER ¥16,500(税込)

〈Traditional Weatherwear〉の裏毛スウェットは、シンプル・イズ・ベストなデザインが魅力。肘部分にはキルティング素材のエルボーパッチを配し、さり気ないアクセントに。肉厚過ぎない生地感&裏毛なので、夏以外の3シーズン通して活躍してくれます。

Traditional Weatherwear
スタッフページを見る

トレーニングウェアをストリートに

 

normal_98593943-1

 

trainerboys – ALL ROUND TRAINER  ¥24,100(税込)

トレーニングウェアをストリートに落とし込んだ〈TRAINERBOYS〉の一枚。前後ろ関係なく両面で着れるようになっているのが特徴です。全体的にたっぷりとしたサイズ感で、ファッション性と共にスポーツウェアさながらの動きやすさを確保。使い勝手の良さは今回紹介したアイテムの中でもピカイチです。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

iOS/Android

TAG
SHARE ON