ファッション
2019/12/25 10:00

冬ならば“裏起毛”のパーカーを選びましょう。ショップスタッフおすすめ3選

「裏起毛のあたたかいシンプルなパーカー教えて下さい。(大塚さん/22歳)」

一枚はもちろん、冬場の重ね着にも欠かせないパーカー。実は、裏地には大きく2種類あります。タオルのような生地感で、通年使いやすい裏パイル(裏毛)と、ふわっとした肌触りで空気をより多く含む裏起毛

冬であれば、より暖かい裏起毛を選ぶのが吉でしょう。寒さも増してきたので、今パーカーを買うなら見逃せないポイントです。さて、頼れるショップスタッフが選んだ3着は?

やっぱり頼れるキングオブスウェット

 

normal_98593943-1

 

Champion – [MADE IN USA] C5-U101 RW P/O HOODED SWEAT ¥17,600(税込)

誰もが認めるパーカーと言えば、やっぱり〈チャンピオン〉のリバースウィーブでしょう。中でも、こちらの“赤タグ”はキングオブスウェットと呼ばれるチャンピオンの中でもアメリカ製にこだわったシリーズです。12.5オンスの肉厚な生地はタフなだけでなく、裏起毛なのでかなり暖かい。暖かさという視点でも、今一度キングにご注目を。

裏起毛パーカーの日本代表?

CURLY – RAFFY PO PARKA ¥15,180(税込)

アメリカ製の赤タグのリバースウィーブとは打って変わって、〈カーリー〉は日本製。前者が肉厚でがっしりした生地感なのに対して、こちらはふんわりと柔らかい。さらに生地には若干の光沢感があるのもポイントです。アメカジ全開ではなく、ちょっと上品にパーカーを着たいという方は、裏起毛パーカーの日本代表をお見逃しなく。

ちょうどいいロゴonタフなボディ

 

normal_98593943-1

 

weac. – レタードワッペンパーカー ¥15,180(税込)

無地ではちょっと物足りないという方には〈ウィーク〉もチェックしておきたい。胸元のワッペンと、バックの右裾部分にある「catch the moment」の刺繍が主張しすぎないアクセントに。もちろんボディの作りにも抜かりはありません。ウェイトは“赤タグ”に負けず劣らずの12オンス。もちろん、裏地も起毛済みなので、冬中着倒せる一着ですよ。

Cedre Clothing Store(神戸・元町)
スタッフページを見る

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

TAG
SHARE ON