ファッション
2020/1/14 22:00

トレンドのフリースは冬セールで手に入れる。編集部が選んだ3着はこちら

トレンドのフリースも冬セールで

世間は冬物セールの真っ只中。「ただ、セールだからって、今さらゴリゴリの冬物を買ってもなあ」と思っている方にはフリースがおすすめです。今買っても、4月のお花見くらいまで十分使える。まだ持ってない人も、すでに持っている人も、セールを利用して賢くゲットしておきましょう。

UK発の本格アウトドアブランド

 

normal_98593943-1

 

Rab / ORIGINAL パイル ジャケット ¥25,300 → ¥17,710(税込)

フリースを買うならアウトドアブランドを選べば間違いなし。定番のノースやパタではなく、変化球が好みなら〈ラブ〉のフリースがオススメです。アメリカで登山家たちから選ばれ、賞を何度も獲得するなど信頼性も問題なし。

アメリカのブランドかと思いきや、実はイギリス発。服好きからの支持も厚いブランドです。ロゴも何だかヴィンテージものにありそうで、くすぐられる方も多いんじゃないでしょうか?

JOURNAL STANDARD 福岡店 (Men’s)
ショップページ

“フリース×レザー”が大人な一着

ADAM ET ROPE’ HOMME / POLARTEC ボアブルゾン ¥30,800 → ¥18,480(税込)

「アウトドアブランドのスポーティーなものにはなかなか手が出せない」なんて方には〈アダムエロペ〉のボアブルゾンがおすすめ。胸ポケット、ジップ周り、首元など要所にエコレザーを用いているため、巷のフリースにはない落ち着いた印象に仕上がっています。

大人っぽいのは画像のブラウンカラーですが、別カラーの深みのあるオレンジもいい感じ。何となくフリースを敬遠してきたという方は、セールにかかったこのタイミングでぜひ試してみては?

ADAM ET ROPE’ ルミネ新宿 HOMME
ショップページ

レイヤード自在のノーカラーボア

 

normal_98593943-1

 

EDIFICE / ウールボアノーカラー ¥24,200→¥14,520 (税込)

フリースのジャケットは、防寒のためにハイネックになっているタイプが多い。アウターとして使う分にはいいものの、中間着としてレイヤードするのは難しかったりするものです。そんな悩みを解消してくれるのが〈エディフィス〉の一着。

ノーカラーで首元がスッキリしてるため、コートのインナーとしても使いやすい。しかも今なら1万5千円を切るコスパの良さ。化繊ではなく、ウールボアならではのナチュラルな風合いもポイントです。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

TAG
SHARE ON