ファッション
2020/2/3 20:30

そろそろ気になる「コーチジャケット」。ありきたりでない3着をチェック

「春を先取りコーチジャケット。あったら嬉しい多いポケット(かんさん)」

あえて体言止めで韻を踏んでくるところからして、只者ではない投稿が登場。そしてコーチジャケットのポケットが少ないと何かと不便な感じ、分かります。もっといえば、服好きとして人と被りやすいデザインは避けたい。

というわけで今回ピックアップしたのは、ショップスタッフおすすめの三着。春が待ち遠しくなるラインナップはまさに盤石。要チェックです。

 

暑い時に「背負う」こともできます

normal_98593943-1

 

meanswhile ¥41,800(LENTON.W)

無地で色味もオーソドックスながら「X」柄を表現した生地の織りが前衛的なコーチジャケット。上からメッシュをかけたような表情にはどこかモードな要素も感じられ、白Tの上から羽織るだけでも強烈なアクセントになります。内側に二本の肩紐がついているので、袖を抜いてバックパックのように背負うことも可能。「走って電車に乗ったから暑い!」なんてときにも柔軟に対応してくれますよ。

 

ちょっと攻めた柄使いが◎

normal_98593943-1

 

A.D.A.N – Coach Jacket ¥25,300(税込)

チェック柄のようにかしこまらず、カモフラ柄ほど男らしすぎないバランスで、筆者的に最近気になっている「レオパード柄」のコーチジャケット。福岡発の気鋭ブランド〈A.D.A.N〉が手がける一着です。シルエットには適度なゆとりがあり、着心地も軽いのでデイリーウェアとしても優秀。「気づいたらこればかり使っている」をテーマにしているブランドらしい仕上がりです。

 

一流メゾン顔負けの高級感

normal_98593943-1

 

PARIS SAINT-GERMAIN TOKYO – PSG COACH JK ¥27,500(税込)

名門FC「パリサンジェルマン」とEDIFICEによるコーチジャケットは予想以上に“ガチ”な作り。表地にはメゾンブランド御用達の上質なポリエステル素材を、裏地にも袖通りのいいなめらかな素材を採用。サッカーファンでなくても二度見してしまうような高級感です。さすがは「大人のフレンチスタイル」を提唱するEDIFICE、と思わず膝を打つアダルトな一着。

TAG
SHARE ON