ファッション
2020/2/6 17:00

いま気になるのは”ジップ”のほう。ショップのおすすめ集めてみました

そろそろジップアップに目を向けてみない?

恋は盲目と言いますが、それはファッションにおいてもそう。片方が流行っていると、もう片方には全く目が行かなくなるんですよね。例えば、ワイド全盛のいまスキニーには全くそそられない…とか。

今回のお題であるパーカーも、ここ最近は90年代トレンドの流れでプルオーバーの一択。ただ、今年に入りその熱も少し冷めてきたところ。今は逆にジップアップの方がちょっと気になりません?

 

ジップアップ界のロングセラー

 

normal_98593943-1

 

CURLY ¥18,480(税込)

「空気も一緒に編みこんでいるような柔らかい生地感で一度着ると、他のパーカーが着れなくなるぐらいの一着は持っていたいおススメのパーカーです(ROL)」

〈カーリー〉のパーカーは毎シーズン完売を繰り返す、ジップアップパーカー界のロングセラーアイテム。上記コメントにもある通り、着心地がめちゃくちゃ良いのはもちろん、シルエットもこれまた良い。ジップを開けても閉めてもフードがきれいに立つパーカーってなかなかないです。

 

今年は本格的にブレイクしそう

 

normal_98593943-1

 

moc T ¥16,500(税込)

「使いやすいシンプルな色とベーシックなデザイン、それが魅力的な一枚です(WEEKENDER SHOP)」

昨年プチブレイクした〈モクティ〉。約半世紀前に国内初となるグレー杢糸を生み出した工場が手掛けるブランドです。アイテムに使用されているのは、全て「GR7」というグレーの基準色。グレーのど真ん中しか出さないというやり方、下手にいろいろやるより潔くて好感持てます。

 

キングはジップでも風格あり

 

normal_98593943-1

 

Champion ¥18,700(税込)

「シンプルなチャンピオンのパーカーですが、こだわりのアメリカ製で生地の丈夫さ、経年変化などワンランク上のスウェットに仕上がっています(HUNKY DORY NAGOYA)」

スウェット界の王様〈チャンピオン〉のリバースウィーブのジップアップパーカーは、MADE IN USAコレクションの一枚がおすすめ。12.5オンスのヘビーウェイトなボディのおかげで、フードの形をきれいに保ってくれます。耐久性が高く、経年変化も味わえるのでガンガン着て、ガシガシ洗っていきましょう。

 

昨年売れに売れた一枚

 

normal_98593943-1

 

Kelen ¥16,500(税込)

「当店でも一番人気のジップアップパーカー。しっかりとした度詰の生地、ユニバーサル社のジップと、シンプルなパーカーだけにそのディティールへの拘りと質の良さが評価されている一着です(ORANGECOUNTY 熊本並木坂店)」

同店だけでなく、FACYでも売れに売れた〈ケレン〉のパーカー。提案してくれたスタッフ曰く「今まで出会った中で最高のパーカー」とのこと。確かに、しっかりと度詰めされた裏毛パーカーがこのプライスというのはスゴイです。シルエットも立体的で、細部のディテールも文句なし。昨年買い逃がした人はぜひ。

TAG
SHARE ON