ファッション
2020/2/22 20:30

いま選ぶなら春色で。季節感のあるスウェットをピックアップ。

気分は春に突入。グレーに頼っていた定番のスウェットも、色モノに切り替えて季節感を出していきましょう! ということで、今チェックしておきたい春色スウェットをご紹介。選んだのは、使いやすい無地、かつヘビーウェイトの生地のもの。

 

 feat. Champion reverse weave

 

normal_98593943-1

 

ADAM ET ROPÉ ¥10,120(ADAM ET ROPE’ ルクア大阪)

チャンピオンのリバースウィーブも作る工場で〈アダムエロペ〉が生んだのは、オリジナル素材を使った裏毛スウェット。その完成度は伊達じゃなく、ふっくらとしたタッチと、度目を詰めたガシッとした風合いが特徴。ピスタチオと見紛う春全開のカラーはチノパン、白スニーカーと相性が◎。

 

気になるジップパーカー

 

normal_98593943-1

 

JACKMAN ¥17,600(HUNKY DORY NAGOYA)

この頃気になるジップパーカー。ここ2、3年ほどプルオーバーが主流だった中、そろそろジップタイプにも光が当たりそう…。〈ジャックマン〉は福井県発祥のファクトリーブランド。ヴィンテージミシンによって生み出される美しい縫製は他では味わえません。中にプリントモノのTシャツあたりを挟んで、ジップは開けて着ちゃいましょう。

定番ボディーの安心感

FRUIT OF THE LOOM ¥6,490(ORANGECOUNTY 熊本並木坂店)

まずは安心・信頼の定番、〈フルーツオブザルーム〉の一枚。推しはもちろんブルー、グリーンんお2色。往年のゆったりシルエットにヴィンテージライクな質感が男心を唆ります。色があっても、アメリカンに太めのデニムを合わせりゃオーケー。できればリジットの方がまとまりは良いかと。

 

大人なカラー

 

normal_98593943-1

 

HOSU ¥18,700(HOSU)

淡いカラーには抵抗が…。そんな方には、大人な色合いが特徴の〈HOSU〉がオススメ。特にベージュあたり、上品ないい色合いでしょ? この上品さを生かしてジャケットのお供としていかがでしょう。ブラックでパキッとした感じでまとめていただけるとグッドかと。

TAG
SHARE ON