ファッション
2020/3/7 20:30

ブレザーもボタンダウンもでっかく着るのが旬。”ゆるトラッド”に最適な4品

なんでも大きく着ちゃいましょう

パーカーやロンTをオーバーサイズで着るのは、もはや基本。今年はもう少し幅を広げてブレザーやボタンダウンといった、トラディショナルなアイテムを選択肢に加えても良さそうです。

優等生なアイテムに、サイズ感でストリート的なノリをミックスする。その新鮮なバランスが、オーバーサイズにマンネリ気味な方にも刺さるのではないかと。というわけで今回は筆者が気になる“ゆるトラッド”な4品をピックアップしてみました。

 

ゆったりブレザーの理想系

 

normal_98593943-1

 

MAISON SPECIAL ¥22,000(MAISON SPECIAL MENS青山店)

ブレザーを無理なくオーバーサイズで着るなら、欠かせないポイントは2つ。1つはウエストに絞りの効いていないボックスシルエットで、2つは身幅が広くとられていること。〈メゾンスペシャル〉のコチラは、まさに大正解な一着です。

生地にはNASAのために開発された高機能素材を採用し、常に温度を31度~33度にキープしてくれるハイテクな機能も搭載。デザイン・着心地ともに申し分ない仕上がりです。

 

最高品質を贅沢なボリュームで

 

 

JOURNAL STANDARD ¥17,600(JOURNAL STANDARD 福岡店)

世界最高品質と謳われる「THOMAS MASON」の生地を贅沢に使ったボタンダウンシャツ。身幅・着丈ともにたっぷりとった“FAT”なシルエットですが、素材の高級感と清潔感あるストライプ柄のおかげでルーズな印象はゼロです。

着こなすなら、ワイドなスラックスでダボっとまとめるのも良し、夏前にはショーツと合わせてメリハリをつけるのも良し。

 

“定番”だけど新鮮

 

 

EDIFICE ¥15,400(EDIFICE京都店)

何着でも持っておきたい〈ブルックスブラザーズ〉のボタンダウン。EDIFICEで展開されているコチラはXSからXXLまで6サイズから選べるので、写真のようにダボっと着ることもできちゃいます。すでにお持ちの方でも、ここまでの大きさは新鮮に映るはず。別注ポイントとしてノンアイロン仕様になっているのも見逃せません。

 

スケボーが似合うスラックス

 

normal_98593943-1

 

DICKIES×JS ¥13,200(JOURNAL STANDARD 福岡店)

スケーター御用達のワークウェアブランド〈ディッキーズ〉にジャーナルスタンダード が別注したワイドパンツ。定番のタフなツイル生地を採用しつつ、ウエストに2タックを入れ、シルエットにテーパードをかけることでスラックス風にアレンジされています。合わせるなら、ぜひとも今までに登場したようなブレザーにボタンダウンで。足元はもちろんVANSで決まりです。

TAG
SHARE ON