ファッション
2020/3/12 17:00

大事なのは”裾”の形です。 アウター見えするボックスカットのシャツを集めてみました

シャツ選びは“裾”に注目

暖かくなってきたので、そろそろシャツを買い足したい。これからの季節は、一枚で着る機会も多くなるので、アウターのようなシャツを選ぶのもひとつの選択肢。

そんな時に注目したいのは、意外にも裾の形。シャツの裾の主流はカーブしたラウンドカットですが、裾が直線的なボックスカットのシャツなら、よりアウターらしい見え方になります。今回は目線を変えて、ボックスカットのシャツに絞って4品ご紹介します!

 

一枚で着られるストライプシャツ

normal_98593943-1

UNIVERSAL OVERALL ¥9,790(HUNKY DORY NAGOYA)

論より証拠。まずは、アイコニックなオレンジタグでお馴染みの〈ユニバーサルオーバーオール〉の一着から。春に着たくなる軽やかなストライプシャツも、裾をボックスカットにすることで、どことなくシャツジャケットのような雰囲気が生まれます。カラーはブルーとブラックの2色展開。これなら白Tの上から羽織って、前を開けて着るのも様になりそう。

レイヤードの幅、広がります

normal_98593943-1

CORONA ¥20,680(SECOURS

〈コロナ〉からはシャンブレー生地を使った、ヴィンテージ感溢れる一着を。ボックスカットはもちろんですが、この手のオープンカラーはレイヤードが楽しみです。個人的には、インには普通のラウンドカットの白シャツを合わせたい気分。ボタンは一番上まで留めて、シャツオンシャツで着るのが洒落てるかなと。生地と同色のボタンを使っているというのも渋くて◎

アメカジ好き以外にもおすすめ

normal_98593943-1

FIVE BROTHER ¥8,690(HUNKY DORY OSAKA

〈ファイブブラザーズ〉は1890年にアメリカで生まれた老舗ブランド。そんな老舗が作るシャツは、面構えもまさにアメカジど真ん中。薄手のコットンフランネル生地に、オンブレチェック。アメカジ的とはいえ、大人っぽい落ち着いたチェック柄なので、無地の服を好む方でも取り入れやすいかと。デニムやチノ、軍パンはもちろん、あえてスラックスに合わせてみるのもいいかも。

シャツとナイロンジャケットのハイブリッド

normal_98593943-1

THE NORTH FACE ¥14,300(JOURNAL STANDARD 福岡店

〈ノースフェイス〉のナイロン素材のシャツもおもしろいチョイス。アウトドアブランドならではの素材選びです。デザインは、同ブランドの他アイテムにも見られるような切り替えのバイカラー。厳密には、後ろの裾がわずかにラウンドしていますが、ほぼ直線に近い形です。素材感も相まって、いい意味で“シャツ感”が薄いので、アウター感覚で使っちゃいましょう。

TAG
SHARE ON