ファッション
2020/3/14 10:00

”いいデニム”が一本欲しい。チェックしておきたいのはこの4本

言わずもがな、デニムは毎日でも使える定番アイテム。そんな打率の高いアイテムは、多少高くても長く愛せる、”いいもの”が一つ欲しいところ。今回は、ショップスタッフがオススメしてくれた逸品デニムをご紹介。悩めるメンズの手助けに、きっとなるはず。

 

横も縦もサイズ揃ってます

 

normal_98593943-1

 

RESOLUTE ¥24,200(ZABOU)

サイズがピッタリであることは、長く着用する上で大切なファクター。違和感のある着用感では時間が経つと穿かなくなってしまうものです。

〈リゾルト〉はウエスト26から40、レングス28から34まで揃える盤石ぶり。ピッタリが必ず見つかる、まるでオーダー感覚で楽しめるブランドです。もちろんアイテムのクオリティーも妥協なし。リーバイスをベースに、日本人に合う形に仕上げたスタンダードな出来栄えは間違いなし。

日本最初期の織り機で作る抜群の生地

 

normal_98593943-1

 

FOB FACTORY ¥22,000(ORANGECOUNTY 熊本並木坂店)

〈ファブファクトリー〉からは、日本最初期の力織り機を使ったレアな一本を。この織機が使えなくなった時点で、二つとして同じ生地が作れないという代物。生地が抜群の雰囲気を醸しています。

生地以外にも、MADE IN USAのオリジナルスチールボタン、銅リベットなどデニム好きも唸るこだわりよう。細身テーパードでもちょっと違うものが欲しい方はぜひチェックを。

いえいえポジティブです

 

normal_98593943-1

 

negative denim ¥24,200(encinitas)

経年変化でオリジナル性を追求したい、そんな方の声に応えるのが〈ネガティブデニム〉です。今までのインディゴ染めは16回が限度でしたが、こちらは32回。それにより経年変化にも違いが出てくるのだとか。

シルエットは、ゆとりのある太もも周りから裾に向かってゆるやかにテーパード。本気の取り組みの裏に、程よい抜け感が組み入れられています。

まるでスラックス

 

 

Milok ¥30,800([Milok] Flagship shop)

ジャケパンスタイルにデニムを落とし込みたいなら、ぜひとも〈ミロック〉のものを。高級なデニム素材を使うことで上品な面構えを確保し、ややゆとりのあるストレートシルエットでさながらスラックスのような佇まいに。むしろ革靴のほうが相性がいいのでは?と思ってしまうほどです。

ちなみにウォッシュ加工ver.もご用意あり。長い時間を使って育てていきたいならやはりリジットに軍配が上がるでしょう。

TAG
SHARE ON