ファッション
2020/3/19 20:30

今年はちょっとカジュアルに。オンオフ兼用のセットアップを新調しませんか?

昨今スニーカー通勤が推奨され、セットアップも徐々にカジュアル化が進んでいます。カッチリしたセットアップ以外もビジカジシーンでは許容され始めているので、新年度が始まるタイミングで手持ちのものを見直してもいいかもしれません。

今回はオンオフ兼用できるデザインのセットアップを3着ピックアップ。春らしい軽やかな雰囲気のものを集めたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

1.FLISTFIAのセットアップ

 

normal_98593943-1

 

FLISTFIA ¥39,600(ROL)

「ジャケット着ると肩がこるんだよなあ…」なんて人にうってつけなのが〈フリストフィア〉のセットアップ。”カーディガン感覚でさらっと羽織れる”ように軽いコットンポリ素材&細幅ラペル、切羽なし仕様でデザインされたジャケットは、肩肘はらずに楽に着ちゃえます。薄手ながら耐久性に優れた生地なので、自宅で簡単に丸洗いできるのも◎

2.CURLYのセットアップ

 

normal_98593943-1

 

CURLY ¥46,530(LICLE)

オンオフ兼用セットアップはポリエステル素材が主流ですが、〈CURLY〉ではジャージー素材を採用。カジュアルに見えすぎるのでは…なんて心配になりますが、生地を超ハイゲージに編み立てることで、良い意味でジャージーっぽくは見えません。

また、素材の持つ柔らかさを生かすようステッチを表に見せないようにしつつ、本切羽、前振りなどテーラードのディテールは残したデザインもポイントです。着心地もすこぶる良いので、ポリ素材のセットアップが苦手なんて人はぜひ。

3.EDIFICEのセットアップ

 

normal_98593943-1

 

EDIFICE ¥33,000(EDIFICE スクランブルスクエア店)

細身のセットアップが欲しいなら〈エディフィス〉がオススメ。ジャケットはもちろん、スラックスも程よいテーパードシルエットで、全体的にすっきりした印象です。

清涼感のあるドライタッチのポリ素材は機能性も高く、ストレッチ&吸水速乾付きで汗ばむ夏シーズンまで活躍必至。全5色とカラバリ豊富なのも嬉しいポイント。

TAG
SHARE ON