ファッション
2020/3/20 20:30

グリーン、ブルー、オレンジ…春のスウェットはカラフルで遊びません?

もしスウェットを持っていないなら、一枚目は絶対に使い勝手の良いグレーがオススメです。ただ、既にグレーは持っているというなら、二枚目は少し遊びのあるカラーを選ぶのもアリ。今回は春らしいカラーのスウェットをピックアップ。シンプルな無地でゆるっと着られるのを選びました。

 

爽やかなミントグリーン

 

normal_98593943-1

 

EDIFICE ¥13,200(EDIFICE スクランブルスクエア店)

まずは〈エディフィス〉から、清涼感のあるミントグリーンのスウェット。スタイリングに取り入れるだけで春らしい雰囲気になる淡いカラーのスウェットは、一枚はもちろん、インナーとしても映えます。一押しはミントグリーンですが、他にブルー、イエローなど計7色展開。

ミッドブルーを天然染めで表現

 

normal_98593943-1

 

CONFECT ¥15,400(CONFECT 表参道店)

春らしいペールカラーを、国内の染色工場で天然染めすることで表現した〈コンフェクト〉の一枚。ミッドブルーの色合いはログウッド(アカミノキ)で染めたもので、洗うことでゆっくりと色落ちしていきます。所謂デニムの経年変化的なもので、色落ちしていく様もまたカッコいいですよ。

ちょっとだけマイルドなオリーブ

 

normal_98593943-1

 

blurhms ¥20,900(WEEKENDER SHOP)

“ミリタリー”なイメージのあるオリーブも、ペールトーンなら少しマイルドな雰囲気になります。男らしさはあるけど、ちょっと優しさもあるというか。すごく絶妙なカラー。超長綿を使ってハイゲージに編み上げているため、表面が滑らかになっているのも◎

他とは一線を画す、鮮やかオレンジ

 

normal_98593943-1

 

E.Tautz ¥27,500(ADAM ET ROPE’ 渋谷パルコ)

淡めなカラーが続いたので、最後は鮮やかなカラーを。〈イートウツ〉のスウェットは少し黄色味のあるオレンジ(ラスト)で、他とは一線を画す鮮やかさ。とはいえ、決して派手すぎず”若い”印象にはなりません。イギリスのブランドなので、デニムではなくスラックスと合わせて着るのがオススメです。

TAG
SHARE ON