ファッション
2020/4/1 20:30

やっぱり使いやすいジップパーカー。テレワークにも便利です。

トレンド的にはプルオーバーパーカーだけど…

実は気温が変わりやすいこの時期は、パッと羽織れるジップパーカーの方が使い勝手は良いんですよね。プルオーバーに食傷気味な、いまの気分を一新するためにも取り入れる価値は大いにアリです。

今回は合わせ方に悩まないグレーで、街で使えるクオリティーのアイテムをピックアップ。楽な着心地で見栄えも良いパーカーは、家でのテレワークにも便利ですよ!

 

申し分ないジャパンクオリティー

 

normal_98593943-1

 

BARNS ¥18,480(HAVEA)

王道のパーカーを日本製で突き詰めると、やっぱり最終的には「吊り編み」にたどり着きます。ゆっくりと時間をかけて編み込みこんだ、ふっくらとしたハリコシのある生地は着心地も耐久性も格別のクオリティ。

〈バーンズ〉のパーカーはそんな吊り編み生地を使用した一枚。フードはボリューム感を抑え、キレイに立ち上がるパターンを採用し、アーム部もやや細めでアウターを重ねてもかさばりにくいです。何年も着続けられるベーシックなパーカーが欲しいならコレ。

キレイめパーカー筆頭

 

normal_98593943-1

 

STIR ¥20,790(EDIFICE スクランブルスクエア店)

キレイめなパーカーが欲しいなら、ダンボールニットで探してみるのがオススメ。光沢感&ハリがあり、パーカーといえどカジュアルにはなりすぎません。

話題のカットソーブランド〈スティア〉のジップパーカーは、インラインにないエディフィス別注のアイテム。パーカーとシャツをミックスしたようなデザインで、羽織るだけでスマートな印象を作ってくれます。写真のようにシャツやスラックスと相性バッチリ。

まるで高級ニットのようなスウェット

 

normal_98593943-1

 

Re made in tokyo japan ¥19,800(ROL)

「大人のための」という言葉がよく似合う、〈アールイー メイド イン トウキョウ ジャパン〉が作るジップパーカー。厳選された超長綿を使用することで、まるでシルクのような滑らかな質感と光沢感を実現した一枚です。

佇まいはもはやスウェットというより、もはや高級ニットのよう。生地の厚みは一般的なスウェット素材より約半分ほどで、すっきり軽快な着心地。また、東京・下町メイドというのもそそるポイントです。

一枚で様になるシルエット

 

normal_98593943-1

 

KURO ¥37,400(KURO TOKYO)

これから暑くなってくるこの時期、パーカーはインナーよりアウターとしての側面が強くなります。となると、主役となるパーカーも、しっかり一枚でキマるものを選びたいところ。

〈クロ〉のパーカーはドロップショルダー、着丈はやや短めのシルエットで今っぽい雰囲気。こちらも前述の和歌山県の吊り編み機を使用しており、クオリティーも◎

TAG
SHARE ON