ファッション
2020/4/9 10:00

今イケてるのは“クルーネックonクルーネック”。あ、ニットベストの話です。

“クルーonクルー”がイケてる

気温が定まらない今、重宝するアイテム、それがベストです。中でも特に注目したいのはクルーネックのニットベスト。Vネックだと、首元の見え方のバランスに気を使う必要が出てきますが、クルーネックならその心配もいりません。

着こなしはといえば、襟付きのシャツではなく、クルーネックのカットソーを合わせるのが今の気分。これぞ、クルーonクルー。グッとカジュアルな表情にしてくれます。「ニットベストにはあまり馴染みがない」という方もぜひチェックしてみるべし、です!

 

シルクをあえてざっくりと

EDIFICE ¥17,600(EDIFICE 横浜店

ニットベストというと「シャツに合わせるもの」とつい思ってしまいますが、ロンTと合わせた時の雰囲気もかっこよくないですか? ざっくりした編み目が特徴のニットベストは〈エディフィス〉のオリジナル。素材はコットンでもウールでもなく、シルク100%という贅沢っぷり。シルクならではのきめ細やかな生地感と、ややラフな編み地のコントラストが絶妙です。

ゆったり派の人はこっち

JOURNAL STANDARD ¥7,700→¥5,390(JOURNAL STANDARD 福岡店

より今っぽい雰囲気を堪能するなら〈ジャーナルスタンダード〉のニットベストもチェックしておきたい。肩が落ちたシルエットで、ゆるっと着られる一着です。ベストなのにドロップショルダー、というのがちょっと新鮮。画像のように大きめのロンTをインナーに持ってきて、裾を多めに出す着こなしもアリです。元々手頃なプライスでしたが、今ならさらにプライスダウン中。

さりげないラインが洒落てます

Traditional Weatherwear ¥18,700(Traditional Weatherwear 青山メンズ店

伝統的な英国服をモダンに解釈する〈トラディショナル ウェザーウェア〉のニットベストにも注目です。画像のようにカットソーではなく、シャツを合わせてももちろんOK。ただ、その際は襟付きではなく、よりカジュアルなバンドカラーのシャツのほうが相性はよさそう。アイテム自体は極めてシンプルなデザインですが、裾のさりげないライン使いが洒落ています。

“浅めのV”もアリです

CREPUSCULE ¥16,500(STUDYSHOWROOM STORE

「あれ、これVネックじゃない?」と思った方。はい、その通りでございます。言いたかったのは、Vネックのタイプも、「Vの角度が浅めならクルーネック的に使える」ということ。こちらは、確かな品質で愛される日本のニットブランド〈クレプスキュール〉の一着。同ブランド十八番のホールガーメント(縫製をせずに、一着を丸ごと編み上げる)仕様なので、肌当たりもスムース。何気にポケットが脇に付いているというのが気が利いています。

TAG
SHARE ON