ファッション
2020/4/10 17:00

いまかっこいいデニムはこんな感じ? ショップがオススメする4本

今期はデニムがトレンドに返り咲き。ただ、もともと定番アイテムですから、ワイドやレギュラー、色落ちやリジッドなどなど種々様々。「あれ? いま選ぶならどんなのものがいいの?」 そんな方に向けて、今回は4ショップが選んだオススメの一本をご紹介。各ショップでテイストの異なるものが集まりましたよ。デニム選びの参考にどうぞ。

 

ナンバーワンがオンリーワン

 

normal_98593943-1

 

negative denim ¥24,200(encinitas)

デニムのインディゴ染めは、リーバイスで8回、これまで16回が世界最多。そんな中、〈ネガティブデニム〉が施したのは倍の32回! これにより、穿く毎に生まれる味わいに深みが出るとかなんとか、まさにオンリーワンの一本です。やや太めながらテーパードがかかり、上品な雰囲気になっているのも◎。さりげなく違いを楽しむ大人ストリートのボトムとしてどうぞ。

細め、だけどオラオラしてない

RED CARD ¥20,900(EDIFICE 丸ノ内店)

細いパンツは使いやすいものの、一歩間違えればオラオラ感が出てしまうのが現状。キャッチのお兄さんとは言われたくないものです。その点、〈RED CARD〉のデニムは安心。同ブランドが得意とする“リアルヴィンテージ感”が重厚感を与え、EDIFICE別注のジャストレングスがスマートさをプラス。ぜひとも革靴で合わせたい一本です。

よりワークに、ストリートに

 

normal_98593943-1

 

LEE ¥12,100(ORANGECOUNTY熊本麻生田店)

デニムの出自はワークウェア。それゆえ、カジュアルな装いにハマるのですが、よりワーク感を強めたのがペインターパンツ。ハンマーループがつくことで、その風味が加速するというわけです。それも、あの〈リー〉なら安定感がありmす。一見リジッドに見えますが、濃いめのダンガリー生地を採用しているのも要注目。春夏らしい軽さと上品さが、ワーク感と良い塩梅にマッチします。

トレンドのフレアをちょい乗りで

 

normal_98593943-1

 

WESTOVERALLS ¥20,900(EDIFICE スクランブルスクエア店)

太めから細めへのトレンドが移行している今、注目されているのがフレアシルエットです。とはいえ、まだまだハードルが高いのが実際かと。フレアデニムときたら、グランジのロッカーのイメージが強いですから。しかし〈WESTOVERALLS〉の一本は、フレアを緩く掛けておりストレートに近い仕上がりに。センターラインが入ることで、あくまで上品にさえ映ります。挑戦するならこの一本ではないでしょうか。

※新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の状況を踏まえ、一部店舗で臨時休業が行われています。それに伴い、FACYでは一時的に臨時休業店舗を非掲載にしております。一部店舗へのリンク等が機能しない場合がございますのでご注意ください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

TAG
SHARE ON