ファッション
2020/6/7 22:00

トレンドの白パンツは“ちょいワイド”が正解。ショップ店員が薦める4本はコレ

そろそろ“白パン”が穿きたい

「太って見える」、あるいは「カッコつけて見える」などの理由からこれまで冷遇されることが多かった白のパンツ。あまりに日陰の時代が長かったせいか、今見るとなんだか新鮮です。今期、各ブランドからのリリースも目立ちますよね。

先述のデメリットを回避する意味でも、注目したいのはスキニーライクなぴったりした形ではなく、ややワイドなタイプ。ゆるっとしたシルエットであれば、“がんばって取り入れている感”も出にくいものです。これまで敬遠していた方もこの機会にチェックしてみませんか?

“白×ややワイド”なだけじゃない

 

WESTOVERALLS ¥20,900(EDIFICE 博多店)

かっちり感がありながら、どこかゆるい雰囲気も漂うのは〈ウエストオーバーオールズ〉の白パンツです。センタークリースを付けるだけでなく、同ブランドが工夫しているのはパンツのパターン。ワタリにはややゆとりを持たせ、裾にかけてわずかに広がるフレアのシルエットに仕上げています。とはいえ、実際はほぼストレートに近い見え方になるから不思議。人気デニムブランドの“パターンの妙”をまだ未体験という方もぜひ。

グルカパンツは“クロの白”でどうぞ

 

KURO ¥29,700(KURO GINZA)

ヴィンテージラバーを中心に近年盛り上がりを見せているのが「グルカパンツ」。ウエスト前面ではなく横のアジャスターでサイズ調整するディテールは、機能面だけでなくルックス的にも目新しい。ミリタリーにカテゴライズされるパンツなので元々は無骨な印象のパンツでしたが、〈クロ〉はオフホワイトのタイプライター生地でアレンジ。“グルカ気分”を堪能するべく、タックインでの着こなしがおすすめですが、裾出しで着てもかっこいいですよ。

極太なのに軽やかって素敵

 

EDIFICE LA BOUCLE ¥19,800(EDIFICE LA BOUCLE)

白パンの着こなしで、他と差をつけるなら大胆な太さを選んでしまうのもあり。ボリューム感のあるシルエットながら、軽やかな印象をキープできるのは白というカラーゆえ。伸縮性のあるイージーパンツ仕様のウエストに加え、生地はドライな肌触りのポリエステルを採用しているので、暑くなるこれからの時期も重宝しそう。コーディネートがさみしくなる夏場の相棒パンツとして迎え入れてみては?

セットアップで揃えてもアンダー2万!

normal_98593943-1

 

Revo. ¥7,590(ORANGECOUNTY熊本麻生田店)

「それでも、やっぱり白は取り入れづらい」という方は薄いベージュカラーを選ぶのもおすすめ。リネンの生地感とも相まってナチュラルな雰囲気が漂うのは〈レヴォ〉の一本。きれいなシルエットのスラックスタイプながら、かっちりし過ぎないのがグッド。より今っぽく着こなすなら、トップスも淡いカラーで合わせたいところです。同生地のジャケットとセットアップで揃えても2万円以下(!)なので、上下で揃えて春夏のmy制服にしてしまってもいいかも。

TAG
SHARE ON