ファッション
2020/6/24 17:00

休日用のミニバッグ5選。今ならペットボトルが入るサイズが正解です

休日用のミニバッグ持ってる?

少しずつ休日に出かける機会も増えてきました。そんな時、必要最低限の身の回りのものを収納できるミニバッグを一つ用意しておくと便利です。

水分補給が欠かせない夏場であれば、ペットボトルが入るサイズに絞って探したいところ。今回はショップスタッフが薦めるミニバッグ5品をご紹介。

1.〈THE NORTH FACE PURPLE LABEL〉のショルダーポーチ

 

THE NORTH FACE PURPLE LABEL ¥6,490(EDIFICE 天神イムズ店)

コンパクトな見た目以上の収納力を誇るのは〈ノースフェイスパープルレーベル〉のショルダーポーチ。もちろんペットボトルも難なく入るサイズ感。収納部は2つあるので、スマホとそれ以外の荷物は分けて使えます。ブランドロゴの刺繍はボディと同色に仕上げているというのも憎い。「よく見たらノース」というのが逆に洒落た一品です。

2.〈burlap outfitter〉のボディーバッグ

 

burlap outfitter ¥6,380(encinitas)

有名ブランドではなく、知る人ぞ知るブランドをチョイスして差をつけるなら、〈バーラップアウトフィッターズ〉のボディーバッグがおすすめです。生地に使用したX-PACのテックな質感がかっこいい。耐摩耗性、耐久性だけでなく、撥水性も併せ持つ生地なので、梅雨時にも重宝するはず。提案スタッフ曰く、「ペットボトルも斜めにすれば入る」とのことですよ。

3.〈PORTER〉のミニショルダーバッグ

normal_98593943-1

 

PORTER ¥13,200(ApooL×J-bag)

日本が誇るバッグブランドといえば、やっぱり視野に入るのは〈ポーター〉。いい意味で、一見してそれっぽく見えないのがポイントです。実は、本体前面に「TOKYO PORTER JAPAN MADE」のプリントが入っていて、右下にはお馴染みのロゴパッチが控えめに鎮座しています。スリムな作りですが、ペットボトルも収納可能。ベタな気がして〈ポーター〉を避けていたなんて方にもちょうどいいのでは?

4.〈Aer〉のミニショルダーバッグ

 

Aer ¥12,100(EDIFICE名古屋タカシマヤゲートタワーモール店)

収納力と使い勝手にこだわるなら、〈エアー〉の一品は外せません。前面、メイン部分、背面と計3つの収納スペースを備えており、内部の仕切りポケットもとにかく豊富。細かく荷物を管理したい方にはピッタリです。財布やパスポートなどの貴重品は背面ポケットに入れておけるので、セキュリティ面も安心の作り。愛用者が日毎に増えている新進ブランドの実力をお試しあれ。

5.〈TOUGH TRAVELER〉のサコッシュバッグ

 

TOUGH TRAVELER ¥7,150(BENCH)

個人的に今夏目を付けているのが、メッシュ生地のバッグ。機能面だけでなく、夏の浮かれた感じを盛り上げてくれる小道具としての役割も期待しています。そんなリクエストに応えてくれそうなのが〈タフトラベラー〉の一品。バッグなのに中身が見えるというのが何とも新鮮です。アイテム名はサコッシュバッグとのことですが、結構容量があるのも◎

TAG
SHARE ON