ファッション
2020/11/9 10:45

暑くても寒くても着れちゃう〈カーハート〉のベスト

かれこれ4、5年は愛用している、カーハート(USラインのほう)のダック地のキルティングベスト。少しアタリが出てきたものの、まだくたびれる気配はなし。気温に迷う時は手に取りがち。

突然ですが、出かける前にその日の気温ってチェックしてますか? 昼間はロンTでちょうどいいけど、夜はやっぱり肌寒い。とはいえプルオーバーのスウェットだと、いざ暑くなった時に脱ぎづらいのがネック。ジップパーカーは脱ぎ着こそしやすいけど、あんまり今の気分にハマらなかったり…。となると、「あれ、意外と着るものがない」なんて朝がよくあります。

そんな時につい頼ってしまうのがカーハートのベスト。羽織れば暖かいのは当然として、袖がないので日中に着ていても暑いという事態になりにくい。防寒性に特化していないからこそ、今時期のような半端な気温下では八面六臂の活躍をしてくれるというわけです。暑がりな(イメージのある)アメリカのリアルワーカーに愛されるのも納得。

シンプルにロンTに羽織るだけでも十分かっこいいのですが、少し前のpoggyさんみたいな意外性のあるコーディネートに取り入れてもかっこいいアイテムです。安い店を探せば一万円ほどで買えるので、秋のトップス選びにお困りの方はぜひチェックしてみてくださいませ。



FACY編集部・杉山

そろそろ出番かなと思って、クローゼットの奥からバブアーを引っ張り出したら、ものの見事にカビていました…。一旦無視しておきましたが、とりあえず早急に洗濯してみないと。

TAG
SHARE ON