ファッション
2020/11/15 18:00

【お店でDig! Dig! Dig!】三軒茶屋SEPTISで冬物を探せ!

Let’s お店でDiggin!

コロナ禍以降、「買い物はオンラインが主戦場!」という方も増えていることでしょう。感染症対策としてそれ自体は良いことなのですが、オンラインでの買い物って知っているものや、好きなものばかりを見てしまうせいで、割と刺激が少ないというか…。もっと言うと、趣向が止まってしまいがち。

 

知らないアイテムやブランドとの突拍子もない出会いを求めるなら、やっぱりリアルなお店に行くのが一番です。今回はそんな当たり前のことを再確認するため、編集部・杉山が“Digれるセレショ”でお馴染み(?)三軒茶屋のセプティズさんにお邪魔!名物オーナー・玉木さんの接客を受けながら、冬物アイテムを探してきました。


編集部・杉山(旧おすぎ)
編集部随一のキャップ好きである37歳(今回は試着の邪魔になるので外してます)。お店に行く前に気になっていたのはインバーティアのダッフルコートだったが…
SEPTIS・玉木 朗さん
アメカジ好きなら知らぬものはいない、三軒茶屋のインポートセレクトショップ SEPTISの名物オーナー。今年の春からYouTube「SEPTIS玉木朗の超B級チャンネル」をスタート。こちらもかな〜り勉強になります!

まずは店内一周をもくもくとDig!

杉山:今日は冬用のトップス、アウター辺りを探しに来ました!どうやら最近はベストが売れてるみたいですね。

玉木:そうそう。アメリカ製のフリースベストでアンダー1万のやつがあって。クオリティ的にはほぼ及第点レベルなんだけど、アメリカ製でこのお値段というのが俄然強さを発揮しておりまして。これ結構出てるね。

SUNRISE MILL – ZIP FLEECE VEST 5,940円(税込)

杉山:おー、安いですね。

玉木:あと、これもね。フリースでジャガード(織り)やってるのはここくらいかな。イギリスのブランドです。イギリス製だけどそんなに高くもないし、今こういうの見るとパタゴニアとかが価格の尺度になっていて。この辺はちょっとおすすめですね。

FARFIELD ORIGINAL – FLEECE VEST ANIMAL ¥ 14,080(税込)

杉山:へー勉強になります。でも、羊柄はちょっとファンシーな気がするな(笑)。色もいいし、お馬ちゃんの柄の方を着てみます!

玉木:サイズはそれぐらいかな。まあフリースの商品って今世の中にたくさんあるんだけど、アニマル柄はここぐらいにしかないんで。

杉山:あー、なんか新鮮な感じです。着てみると柄物も思ってたよりいいな。

玉木:かわいいと思いますけどね。ちょっと悪目立ち、ぎりぎりのところかもしれないけど(笑)。大概(みんな持ってるのは)無地なんで、こういうのもあんの?っていうような着方としてはアリアリだと思いますね。

杉山:ほかにスウェットシャツも気になってるんですが…

玉木:うちだとチャンピオンのアメリカ製のトレーナーで「イエール」って書いてあるやつはもうあっという間になくなるんですけど。今回たまたま入ったばかりなんですけど、秒殺で消えますね、いつも。

杉山:へ〜。そういえば、セプティズにはチャンピオンのUSAの無地とかもあるんですか?

玉木:ああ、ありますあります。やってます。あとはねえ……無地ってここよ。俺んちわかりにくいからね、この辺にあるんだよ。

杉山:さすがです。探すのが早い(笑)

CHAMPION – TRUE TO ARCHIVES “1ST PATENT MODEL” REVERSE WEAVE SWEAT SHIRTS / SILVER GREY ¥ 22,000(税込)

玉木:これ、チャンピオンの無地。あとチャンピオンのアーカイブコレクションっていうのがあって。

杉山:チャンピオン初期のコレクションを復刻したやつですよね。

玉木:そうそう。一番初期のこういうやつとか、アーカイブのガセットが前後ろに入っているやつとか。これねえ、袖につなぎ目ないでしょ。こういう風に袖含めて一枚でやってる。まあ非常にもったいない(生地の)使い方してるんだけど(笑)

杉山:じゃあ、かなり贅沢なスウェットなんですね?

CHAMPION – TRUE TO ARCHIVES “RABART SWEAT SHIRTS / SILVER GREY ¥ 24,200(税込)

玉木:余った部分をいっぱい作っちゃうからね。生地のロスが多いから。それとね、一番最初の形ってやつもあるんだよね。これだこれ。ラバートっていう、これが古い形なんですよ。

杉山:おお!なんかウエスタンシャツみたいですね。

玉木:元々チャンピオンのトレーナーってこういう形なんだよね。前後ろこういう感じ。

杉山:なるほど。一枚袖の方を着てみていいですか?

玉木:これちょっとサイズ(Lサイズ)が大きいですけど、いいですか?そういえば最近ね、デカイのないですかってよく聞かれるんですよ。なんで?(笑)

杉山:悪ぶりたいんですかね(笑)。セプティズさんの顧客さんも大きめを求める傾向になってるんですか?

玉木:お得意さんが言い出したわけではないんですけど、うちに来れば何かあるんじゃないかなと思って、トレーナーだったら「デカイのないの?」みたいなのも割と珍しくないですよ。これなんて大きめなんで出すと、もうちょっと大きめが良いみたいなニュアンスのリアクションをされたりとか。

杉山:これも結構大きいですけどね(笑)。それって若い方が多いんですか?

玉木:若い子。あと女の子がデカイの着てるよね。古着とか探してくんだよね。これもちょっと大きめですけど、今どき感からすると全然不思議じゃない大きさだよね。

杉山:ちょうどいいです。慣れ親しんでるサイズ感ですね。

玉木:ちょうどいいは言い過ぎだけど(笑)、全然違和感ないです。

杉山:そういえば、玉木さんとしてはそういうオーバーサイズのトレンドをどう見てますか?

玉木:今に始まったことじゃないし、自分たちの時代もあったから。70年代くらいかな。みんなピタピタの時代にタイダイのTシャツとかが初めて登場して。サーファーのボーダーのTシャツとかが出てきた頃からあれをガバガバに着る人が出てきたの。それがやっぱりカッコいいわけよ。

杉山:へ〜そんなときがあったんですね。ちょっとカウンターカルチャー的というか。

玉木:やっぱり必ずカウンターっていうのは出てくるもので。それがやっぱり目に馴染んでないからなおさらカッコよく見えちゃうっていうか。古着のリーバイスのパンツかなんかにタックインしてダルダルにたるませてデッカイTシャツを着るわけよ。そういうのはあったはあった。

杉山:そういう意味では今のオーバーサイズトレンドも、目新しいものではないんですね。

玉木:まあ巡ってくるなって感じはするけども。うん。

杉山:このスウェットの上から、さっきのお馬ちゃん(フリース)を着てみてもいいですか?

玉木:かっこいいね。いいかも。今どきの分かってる感というか。俺は馬いくっていうのは自分の発想にはなかったんだけど(笑)。これいいね。

杉山:お店の提案として使ってみてください(笑)。ちなみにこの上に大物着るってなるとどんなものがいいですか?

SIERRA DESIGNS – PANAMINT 60/40 ¥ 37,800(税込)

玉木:あんまり分厚くなくていいよね。マウンテンパーカーとかはすごく相性が良いと思うんですけど。ショートのやつもカッコいいと思う。これは60/40(クロス)のショートジャケットですね。

杉山:こんなモデルあったんですね。確かにバブアーとかでも短い丈のモデル出てきてますもんね。

玉木:これはシェラデザインズの“パナミント”っていう形のジャケットなんだけど、まあいわゆるドリズラーとかGジャンみたいな感じでさらっと羽織るようなタイプ。元々はアウトドア用に開発された古い形のジャケットなんだけどね。これも既に70年代には登場してましたから。古い形です。

杉山:ショートジャケットにフリースベストは新鮮ですね。襟もレイヤードしてる感じがカッコいい。

玉木:このジャケットはジャケットで結構使い勝手が良いっていうか、僕なんかはこれの上にダウンベスト着てる。ポケットいっぱいついてるんで、ジャケットをカバン代わりにする着方もしますね。

杉山:ダウンベスト着る場合は、中のフリースは脱ぐんですか?ちょっと試しに着てみたいです。

CRESCENT DOWN WORKS – ITALIAN VEST 60/40 ¥ 39,930(税込)

玉木:口でくどくど説明するより、こんな感じって見てもらえば分かるよね。

杉山:なるほど。これ、カッコいいですね。こんな合わせがあったんだって感じです。

玉木:別に今に始まったとかではないんですけど、重ねてスタイリング作っていくっていうのは、こういうことだと思うんですよね。全然面白みが出てくる。重ねてスタイル作っていくと、『あ、こうやって見えるんだとか』っていうのが発見できる。

杉山:確かに。これも提案されなかったら着なかったかもしれないです。

玉木:せっかくお店で提案されて「えっ?」と思いながらも何となく袖通してみたら、その中で発見してもらったりとか多分あると思うんですよ。それが大事だと思うな。

杉山:それがお店に来る楽しさですよね。オンラインだと分からない部分というか。

玉木:ネットだと好きなものしか絶対見ないし。袖を通してみて鏡で見るってところまで辿りつかないから、せっかく面白いものがあっても先にどんどんどけてっちゃうことになるわけじゃない。だから僕お店はライブハウスだっていうんだけど。

杉山:ライブハウスですか…?

玉木:同じ曲を家とライブハウスで聞くのって全くの別物だっていう。ライブハウスっていうのはその他の雑音とか笑い声とか、その空気感みたいなものがあるじゃない。

杉山:たしかにお店の空気感ってありますよね。

玉木:ステージとのやり取りとか、空間の中に自分も存在することによって感動っていうものがあると思うんです。それとダウンロードして聞く曲って一緒じゃんって思うんなら実店舗来なくてもいいと思うんだけど(笑)。それくらいの違いがあると思う。

\編集部・杉山のお気に入り/

フリースベスト(FARFIELD ORIGINAL)、下に着たスウェット(CHAMPION)、その他私物

「着てみるまでは全く興味がなかった柄物のフリースベストですが、かなり気に入りました。ブラウンなら取りやすいし、結構今欲しくなってます(笑)。首元まで覆われるので、スウェットの上に着るだけでかなり暖かい。冬の晴れた日の昼間とか、こんな格好でぶらぶらしたい。」

ダウンベスト(CRESCENT DOWN WORKS)、ジャケット(SIERRA DESIGNS)、その他私物

「そもそも、シェラデザインズの中でスタンドカラーの短丈のジャケットなんてあったんですね。しかも、その上にダウンベストなんて発想は全くなかったです。かっこいいだけでなく、しっかり暖かいし体温調節もしやすそうな組み合わせです。首元にマフラーがあれば真冬も乗り切れそう!」


SELECT STORE SEPTIS(三軒茶屋)

玉木朗(右)、白木凛太郎(左)
現在セプティズはオーナー玉木さんと白木さんが二人三脚でお店を切り盛りしている。白木さんの記事はこちらをチェック!

Info
住所: 東京都世田谷区三軒茶屋1-41-13
TEL: 03-5481-8651
営業時間: 15:00~19:00(土日祝は12:00~19:00)
定休日:毎週水曜日・第三火曜日

TAG
SHARE ON