ファッション
2020/11/21 10:30

アパレル業界人の旅行バッグ拝見。ソロキャンプの身の回りグッズ【バッグブランドデザイナー/佐野賢太さん】

いま旅行するなら、どこへ、何を持っていく? 本企画では、ファッションだけでなく旅のグッズにも並々ならぬこだわりを持つアパレル業界人の旅行バッグをお届け!

今回登場するのは、自転車のある生活を楽しむ全ての人々をサポートする〈ベルーフバゲージ〉、アウトドアや旅行を楽しむ週末の非日常をつなぐ〈アノニムクラフツマンデザイン〉、両ブランドのデザイナーを務める佐野賢太さん。


佐野賢太さん
ベルーフバゲージ&アノニムクラフツマンデザイン デザイナー/1197 STORE オーナー

「基本的にアクティビティーが大好きです。夏に伊豆の下田でやったシーカヤックがまぁおもしろくて。その簡易版として親しまれているパッククラフトに挑戦したいですね。泊まりはホテルや旅館ではなく、これまた大好きなキャンプ。まだパッククラフト自体は入手していないのですが、それを妄想しつつ(笑)、キャンプで使える身の回りの物を集めてみました」

 

キャンプを盤石にする身の回りグッズ

基本的には移動は車なのでトートバッグを使うことが多いんです。こちらは僕がデザインしている〈アノニムクラフツマンデザイン〉のバッグ。両A面のリバーシブルタイプで、裏側はタウンユースに適したコットンダック製のX-PAC™、キャンプではPETフィルム加工を施した方を使っています。雨などバチバチに撥水してくれますし、芝生に置いて汚れがついても拭けばいい。街からフィールドまでかなり重宝していますね

 

大胆なロゴに惹かれた〈ホワイトマウンテニアリング〉のポンチョです。形はいわゆるバタフライ型で、急に雨が降ったときには毎度助かっています。見た目も機能面も申し分ありません

 

いまの時期は完全防寒じゃないと無理です(笑)。ただ昼間はさすがに上下共にダウンだと暑苦しい。なので、日が落ちて一気に気温が下がったタイミング、主に夜に履く防寒着として重宝しています。ブランドは安心と信頼の〈ナンガ〉

 

言うまでもないですが、これからの時期必須の寝袋です。愛用しているのは、〈モンベル〉の”ダウンハガー800シリーズ”。定番アイテムの中でも、ちょっといいやつです(笑)

 

一人用のグリルとしてはもちろん、焚き火台としても使えるセットです。置きだけでなく吊るしても使えるので利便性は抜群ですね。知り合いのブランドということもあり、次回のキャンプに投入するのが楽しみです

 

キャンパーの中では言わずと知れた〈ヘリノックス〉の椅子です。背もたれが高いので、ゆったりした時間を過ごすのに最適です

 

同じく〈ヘリノックス〉で、こちらはローチェアです。足を置いたり、クーラーボックスを置いたりなど、担当以外の雑務もこなすなんでも屋です。何かと便利なので必ず持っていきますね

 

着替えなどを始め、細々とした物を入れるのに使っています。止水ジップなので濡れても安心ですし、多用途に使える収納バッグとしてかなり使えますね
TAG
SHARE ON