ファッション
2021/5/15 18:30

マイ定番白ソックスを更新。#ととのいま品

またしても、靴下です。2月末の購入に次いで、これなら散財が嫁にバレないだろうとこっそり買い続けています。

TF/original socks short white ¥1,320 

今回買ったのは、五本木のセレクトショップ『TF』がオリジナルで作っている一足。いや、二足です。

左右で何が違うのかというと、長さです。右がロングver.で、左がショートver.。元々はロングver.のみの展開だったのですが、中の人が「好きすぎる」がゆえに晴れて(?)ショートver.の展開が決まったとのこと。個人的にも元から気になっていたし、ショーツの季節もやってくるし、ということで購入に至ったというわけです。

(左)高さ14cm、(右)高さ22cm

これまでソックス、特に白ソックスにおいては様々なブランドを試してきましたが、結論からいうと、 マイ定番の白ソックスがこれにて更新されました。これ以外の白ソックスを履こうもんなら「TFのじゃなきゃ嫌だ!」と駄々をこねてしまうレベルです。

特筆すべき点は、履き心地。厚すぎず薄すぎず、キツすぎず緩すぎず、しっかりフィット♪とは他のソックスにも見られる文言ですが、そのさじ加減、バランス感覚が群を抜いています。なぜこんなにも理想形の靴下を作ることができたのか……。それには度重なる試行錯誤があったのは想像に難くありません。詳細については商品詳細含めてこちらのページで。

裏返し。足裏にあたる部分には吸湿性のあるパイルが配されている。

履き心地はもちろん、個人的には足の甲部分に設けられたリブが気に入っています。これ、スポーツブランドのソックスにはよくある仕様で、ソックスがズレ落ちにくくなる効果があるのだそう。たしかに意識してみると、スニーカーやソックス、サンダルなどどんな靴と合わせてもズレないことに気づきます。と同時に、これまで履いていた白ソックスのズレが異様に気になるように。例えるなら、空気清浄機の登場によって空気が途端に汚れて見えたように。いやはや、勉強になります。

というわけで、マイ定番を更新してくれた一足。良い意味でも悪い意味でもソックスの選ぶ基準を引き上げてくれました。これでしばらくは購入頻度が低くなりますかねえ。どうなんでしょ。


FACY編集部・溝口

今年のゴールデンウィークはTFのソックスの試し履きと、Netflixに終わりました。鑑賞した『瞳の奥に(2021)』と『ザ・サーペント(2021)』はどちらもおすすめできます。

TAG
SHARE ON