ファッション
2021/5/22 18:30

早めに買うが吉!アメリカブランドの定番ショーツ3選

少し気が早い気もするけれど、ぼちぼちショーツが気になっています。スウェット×ショーツなんてコーディネートも今の時期の特権だし、早めに買っても得しかないのでは…? ということで、今回はFACYから街着・アウトドア兼用で使える定番ボードショーツを3点ピックアップ。


〈POLO RALPH LAUREN〉TRAVELER SWIM SHORTS ¥8,800 / EDIFICE スクランブルスクエア店

ポニー刺繍入りのスイムショーツ

ここ最近のアメカジ人気を牽引している〈ポロ ラルフローレン〉。トラッドなシャツやボトムスのイメージが強いですが、実はカジュアルなスイムショーツも毎年人気。正直、基本的なデザインはアウトドアブランドと代わり映えしませんが、ポイントは「ポロポニーロゴ」が入っていること。ちょっとしたワンポイントだけど、これがあるだけでカジュアルなショーツにもほんのり品格が加わるから不思議。

アイテム詳細はこちら。


〈Patagonia〉バギーズ ショーツ 5インチ ¥7,150 / EDIFICE 新宿店

サスティナブルなロングセラーモデル

サステナビリティの先進ブランド〈パタゴニア〉が1982年に発売したロングセラー「バギーズショーツ」。発売当時からは素材も縫製も変更されており、現在はリサイクルナイロン100%の素材に、フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。環境や作る人のことも考えられている点は、いまや購入する際の決め手の一つです。丈の長さは5インチ。短すぎるという方は7インチ(バギーズ・ロング)の方をどうぞ。

アイテム詳細はこちら。


〈Columbia PFG〉BACK CAST3 ウォーターショーツ ¥5,390 / JOURNAL STANDARD 渋谷スクランブルスクエア店

フィッシングラインのお値打ちショーツ

夏になるとよく見かける逆三角形のマークは、〈コロンビア〉のフィッシングライン「Performance Fishing Gear(略してPFG)」のもの。〈DAIWA PIER39〉などの洗練されたフィッシングウェアもいいですが、こういったいかにもアウトドアな感じも夏らしくて良いのかと。シルエットはバギー。ボードショーツでは珍しくベルトループ付きというのもポイント。

アイテム詳細はこちら。

TAG
SHARE ON