ゲーム&ホビー
スマホゲーム
2017/7/25 12:00

「なぜこの暑い時期に…」とツッコミの声! 「ポケモンGO」の伝説のポケモンが夏休みに登場したワケ

2016年7月6日にオーストラリア・ニュージーランドでリリースされた「ポケモンGO」。日本でもスマホを片手に街をうろつく人が続出したのは記憶に新しいが、ついに1周年を迎え、様々なアップデートを実施。「伝説のポケモン」の登場も決定したが、「なぜこの時期に!?」というツッコミの声も上がっている。

出典画像:「ポケモンGO」公式サイトより。
出典画像:「ポケモンGO」公式サイトより

 

ポケモンGOが1周年!

これまでに、世界累計ダウンロード数は7億5000万回、捕獲されたポケモンは1250億匹以上という世界的ヒットを記録している「ポケモンGO」。6月14日から20日には、「ほのおタイプ」「こおりタイプ」のポケモンが増加するキャンペーンを実施している。これは北半球が夏至、南半球が冬至に突入するのに合わせていて、さすがは世界規模のゲームといったところ。

 

ほかにも、モンスターボールを投げる精度によってもらえるポイントもいつもよりアップしたり、「しあわせタマゴ」がセールになったりと多くのキャンペーンが実施されたが、大きな目玉になったのは「Pokemon GO Fest シカゴ」という現実世界で7月22日に行われたイベントだ。

 

伝説のポケモン登場までの経緯は?

このフェスには世界中のトレーナーが集結。イベント中に沢山のポケモンを捕まえることができれば伝説のポケモンがイベント会場に登場し、倒すことができればそのポケモンが世界中のジムにも現れるという予定だった。

 

しかし、会場では大規模なサーバー障害が発生したようで、ログイン自体ができない参加者が続出。伝説のポケモン・ルギアとのバトルイベントも中止になってしまったが、お詫びとして参加者全員にルギアが配布されることに。バトルはなかったものの、ゲーム内へのルギア実装も予定通り行われた。さらに、イベントで最も活躍したのが「ミスティック」(青チーム)だったため、チームのロゴマークである「フリーザー」もゲーム内に登場。SNSでは、ルギアやフリーザーをゲットしたトレーナーから喜びの声が続々と上がっている。

 

ちなみに日本でも、リアルイベントとして8月9日から15日まで横浜みなとみらいエリアで「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」が開催される予定。このイベントには「ピカチュウがぎっしり乗った船」や「ピカチュウ・カーニバル・パレード」などが登場するようで、夏休み中に家族で出向くにはピッタリのイベントになりそうだ。

出典画像:「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」公式サイトより。
出典画像:「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」公式サイトより

 

最新映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」でも伝説のポケモン「ホウオウ」が取り上げられるなど、往年のポケモンファンにもうれしいイベント続きのポケモン。今回のルギアとフリーザーの実装には、「大ブームの時に出てきてほしかった…!」「まだやってるの俺くらいなんだが、みんなで盛り上がりたかったなあ」という声も。「なぜ夏の暑い時期に… 外に出るの辛いのに」という反響もあるが、そう思っているのは大人たちだけの様子。学生や子どもたちは「夏休みのうちにルギア捕まえるぞ!」と意気込んでいるようだ。