ゲーム&ホビー
2016/10/21 11:33

フリー素材サイト“いらすとや”の「VRゲームプレイ」イラストがマニアック!” 「どこで使うんだよwww」とツッコミ多数

10月13日に発売されたPlayStation VRは、店頭ではすぐに品切れ状態となり、社会現象になっている。テレビなどのメディアでも取り上げられその注目度は増すばかりだ。そんななか、フリー素材を提供しているサイト「いらすとや」がVRに関するイラストの提供を始めた。

出典画像:かわいいフリー素材集 いらすとや「VRゲーム中に怪我をした人のイラスト」より。
出典画像:かわいいフリー素材集 いらすとや「VRゲーム中に怪我をした人のイラスト」より。

 

独特過ぎるVRイラスト

「いらすとや」が提供しているVRのイラストは、ただの「VRゲームをプレイしている人」といったものだけではない。

 

独自過ぎるもののひとつ目は「VRゲーム中に怪我をした人のイラスト」。VRヘッドマウントディスプレイを装着した男の子が、テーブルの角に肘をぶつけて痛がっている様子が描かれている。

 

そしてふたつ目が「VRゲーム中に見られる人のイラスト」。VRヘッドマウントディスプレイを装着して大喜びの男の子を、母親が呆然と見つめている様子が描かれている。

 

このかなり限定的なシーンのイラストには「どこで使うんだよwww」「フリー素材ってこんなごく一部の人に向けられたものだっけ?」「マニアック過ぎるだろwww」とツッコミが飛び交う。だが中には「今後メディアが欲しがりそうな事件に対応したイラストを先読みして出している」と鋭い指摘をする人も。

 

もちろん「いらすとや」には「VRゲームをプレイする人のイラスト」「VR酔い・3D酔いのイラスト」とベーシックなものも取り揃えている。

 

いらすとやの独自路線

実は「いらすとや」は以前から超限定的なイラストを制作していることで有名。「孤独死のイラスト」(畳みでお爺さんが倒れている)、「集団ストーカーのイラスト」(男性の後ろに複数の人影がある)、「クリスマスに働く人のイラスト」(仕事をしながら窓の外のクリスマスイルミネーションを眺めている)、「安楽死のイラスト」(寝ている患者の前で注射をもった医者が立っている)、「缶バッジを沢山付けた人のイラスト」(アニメのキャラクターの缶バッヂを大量に付けた痛バッグを背負っている“ラブライバー”)などレパートリーがとにかく広い。

 

「ほんと細かいネタぶっこんでくるから好き」「我々の生活の隅々にまで入り込むいらすとや恐ろしい」と大好評の「いらすとや」。さらにマニアックなVR関連画像も期待できそうだ。

 

【URL】

いらすとやのVRイラスト http://www.irasutoya.com/search?q=VR

TAG
SHARE ON