ヘルスケア
ダイエット
2017/2/17 18:00

たんぱく質は朝より夜にとるほうが痩せる! 時間帯を見直すだけで「効果が変わる」ダイエットあれこれ

ダイエット中、脂肪を燃焼させるための体づくりには、たんぱく質が必要不可欠。かつてはダイエット中に我慢していたお肉も、いまでは積極的にとり入れたい食材のひとつとなりました。しかし、たんぱく質は朝と夜のどちらに食べるほうが効率がよいのか、ご存知でしょうか?

 

ダイエットのベストタイミングは、意外とあまり知られていません。そこで、時間帯を見直すことでより効果的になるダイエット習慣を、よこはま土田メディカルクリニック院長 土田隆先生にズバリ教えていただきました!

 

【その1】燃焼体質になりたいならたんぱく質は朝とるべき? それとも夜?

20170217_02

 

●正解は「夜 」 就寝中に分解されて筋肉がつくられる!

 

「朝昼晩バランスのいい食事でたんぱく質をとるのが理想ですが、筋肉を増やす目的なら夜にとるのがベスト。日中に疲労した筋肉は、寝ている間に必要な栄養を取り込んで回復しようとします。そこで、寝る3時間くらい前に夕食で肉や魚、豆などの食材を取り入れて、たんぱく質をとっておくと、睡眠中に分解が進んで吸収されやすくなり、効率よく筋肉がつくられ燃焼系ボディになるんです」(土田先生)

 

しかも、夕食で肉・魚・豆などをとれば炭水化物を減らしても満足できます。

 

「たんぱく質は主に体をつくる材料になり、エネルギー源になるのはわずか。つまり、夜食べても脂肪として体内に蓄積されることはないんです。肉や魚、豆類を夕食時にメインでとれば、その分ごはんなどの炭水化物量が減らせて、必然的に摂取カロリーもダウン。ただし、脂身たっぷりの肉料理などは、当然カロリーオーバーするので、メニュー選びには注意して」

 

【その2】ストレッチで代謝を上げるなら朝起きてすぐやるべき? それとも寝る前?

20170217_03

 

●正解は「夜 」 寝ている間の代謝を上げることが大切!

 

「忙しい朝にムリしてストレッチをするくらいなら、夜しっかり時間をかけて行うほうが、ダンゼン効果的。体の末端まで温まるくらい、しっかり筋肉を伸ばすのが本当のストレッチです。これにより全身の血流がよくなるので、寝ている間の代謝が上がるし、筋肉にも栄養が行き渡って、燃えやすい体になりますよ」

 

【その3】便秘予防の乳酸菌は朝とるべき? それとも夜?

20170217_04

 

●正解は「朝 」 食物が便として出てくるまで2日半はかかる!

 

「“生きて腸まで届く乳酸菌”というのが人気ですが、夜飲んですぐ大腸まで届き、翌朝スッキリというワケではありません。個人差はありますが、食物が口から入って大腸を通り、排せつされるまでの時間は、平均2日半。腸での便の滞留時間を短くするのが、代謝アップには不可欠。腸内環境を改善する乳酸菌を朝とれば、翌々日の朝には腸で働き、スムーズな排便が期待できます」

 

【その4】体重や体脂肪は朝はかるべき? それとも夜?

20170217_05

 

●正解は「朝 (とくに冬場)」 体内の水分がある程度残っている朝が正確です。

 

「水は電気を通しやすく、脂肪は通しにくい性質を利用し、体内の電気抵抗を測って体脂肪率を出すのが体脂肪計。入浴後の水分が少ない状態で測ると、体重は減っているのに体脂肪率は増えたなんてことも。冬は日中も乾燥して体内の水分量が減るので、布団の中で湿度が保たれ、水分量が安定する起床直後に測るのがベストですね」

 

【その5】代謝を上げたいなら朝お風呂に入るべき? それとも夜?

20170217_06

 

●正解は「夜」 夜間の睡眠中にいかに代謝を上げ、やせやすい体をつくるかがキモ!

 

「朝、入浴しても別に問題はありませんが、ダイエットしたいなら、夜は必ずお風呂に入りましょう。寝ている間もめぐりのいい状態が続くことで、代謝のいいやせ体質がつくられるんです。日中の活動で体内にたまった老廃物は、その日のうちに流しておくのが基本。お風呂で温まって血流やリンパの流れを促せば、筋肉の疲れやむくみがとれて、スッキリした状態で眠りにつけますよ」

 

上記5つの項目、みなさんは朝と夜どちらに行っていましたか? せっかくダイエットや健康にいいと思ってやってきたことも、行う時間帯を見直すことでより効果的になることがわかりましたね! ぜひ朝と夜の習慣を一度見直して、効率のよいダイエットライフを目指してみてください。

 

【回答した人】

土田 隆・・・よこはま土田メディカルクリニック院長。予防医学の重要性から肥満治療、高血圧、動脈硬化、糖尿病治療など最新のノウハウで患者と向き合う。本院には肥満外来も開設し、診療の傍ら、肥満治療も行い、数多くの肥満を改善。「2週間で体重10%減!おかゆダイエット」(マガジンハウス)

文/FYTTE編集部 写真/ⓒkarin-fotolia.com

 

【関連リンク】

「土田隆先生に回答いただいた記事」のバックナンバーへ

TAG
SHARE ON