ヘルスケア
2017/6/12 18:00

睡眠の質が激変! ベッドの温度を下げて「筋肉を早く回復させるシート」が海外で大絶賛の嵐

眠りが浅くて朝起きてもまだ疲れている、と悩んでいませんか? 忙しい日が続いたせいで、早めに布団に入っても疲れがとれず、悪循環に陥ってしまうことはありますよね。

 

できれば良質な眠りで、朝には元気いっぱいベッドから飛び起きるくらい回復していたいもの……。理想的に睡眠の質を改善してくれるのが、Indiegogoで目標資金の4倍弱の金額を獲得した「Kryo Sleep」です。

 

ベッドを快適な温度にしてくれるスマートデバイス「Kryo Sleep」

20170609_kondo4

この「Kryo Sleep」はマットレスの上に敷く、水を内部に含んだシート。アプリでコントロールでき、睡眠中のベッドの温度を深い睡眠に最適な20度から16度くらいまで下げてくれます。

 

プロダクトの説明によると、多くのプロアスリートたちが運動後に冷水によって筋肉の回復を促しているそうです。「Kryo Sleep」もベッドの温度を睡眠に合わせて下げることで、血液の循環を増大させ、心拍数を下げることで筋肉をより早く回復させることができる、とのこと。

 

それだけでなく低い温度で睡眠を取ることでレム睡眠の質も改善され、日中は頭もすっきりとするという研究結果も出ているそう。

 

20170609_kondo6

本製品は、NestやFitbit、Jawboneといったフィットネスアプリとも連携が可能。設定した起床時間が近づくと温度を徐々に上げることで気持ちよく起きることができるのだとか。数週間利用すると、「Kryo Sleep」の自動プログラムがユーザーの睡眠サイクルに合わせて温度を自動で調整してくれるようになります。

 

20170609_kondo5

シート自体は薄く、マシーン本体はベッドの下にも収納できるようになっており、普段使っているベッドにそのまま使えるのもうれしいですね。これから気温も上がる夏、多くの人がうまく眠れなくて疲れた毎日を送ることになりそうです。

 

20170609_kondo7

シートはベッドの半分、一人分の大きさなのでカップルでベッドをシェアしている人でもそれぞれに合わせて温度を調節してくれる、とのこと。Indiegogoではふたつセットが3万7000円(海外発送料別)で販売されています。

 

コメント欄には65歳を超える高齢者からの「このプロダクトを作ってくれてありがとう!」「これはすばらしいアイデア」といった感謝の声もたくさん書き込まれています。

 

毎日の疲労感は、仕事の効率から気分まであらゆる場面に影響を与えます。睡眠の質が改善されれば、生活全体が大きく変わるはずですよ。

 

リモコン操作しなくても快適な温度にしてくれる「Ambi Climate 2」

 

快適な気温が必要なのは、何も寝ている間だけではないですよね。夏になりエアコンを利用し始めると、なかなか完璧な気温をキープするのが難しくて困ってしまいます。

 

エアコンをつけて寝ると朝凍えながら起きたり、逆に日中は気がついたら暑くて汗をかいていたり。エアコンが気温を自動でキープしてくれているはずなのに、なぜかイマイチな体感温度になってしまうんですよね。

 

20170609_kondo2

それは、人間が感じる快適さは気温以外の要素の影響も受けているからです。そこに着目したのがKickstarterで公開されたプロジェクト「Ambi Climate 2」。これは、新しいエアコンではありません。AIを搭載したマルチセンサーエアコンアシスタントなんです。

 

ひとつ1万円ちょっと(海外発送料別)のこのデバイスは気温の他にも湿度、天候、日照量、時間に応じたメタボリズムを考慮に入れることで部屋の快適さを分析します。

 

人間の感覚ではなかなか測れないこういったデータを考慮して、一定の快適さを保つためにエアコンを自動で操作し続けてくれるんです。これによって何度も何度もリモコンを使って自分で気温を少し上げたり、下げたりをしなくていいということなんですね。

 

20170609_kondo3

デザインもスッキリしていながら、木材が入っていることで家庭的な雰囲気を持っています。わざわざ高度なセンサーや機能を持ったエアコンを新しく買わなくても、「Ambi Climate 2」を使うことで既存のエアコンをグレードアップしてくれるのが非常にありがたいですね。

 

マシーンラーニングによるAIがユーザーに最適かつ効率的な気温管理を行ってくれるため、快適なだけでなく電気代も最大30%も節約できるとか。ここまでいいこと尽くしだと、ちょっと怖くなってしまいます。

 

この「Ambi Climate 2」は、複数のユーザーの位置情報を提供することで家に誰もいない時には自動でエアコンを切ってくれ、誰かが家にもうすぐで着きそうになれば自動で入れてくれる、といったことも可能。

 

まさにスマートホームの鑑のようなデバイスです。「もうすぐ手に入るのが待ち遠しい!」「最高のプロダクトだ」と期待のコメントが集まっており、海外メディアでも省エネ効果やAIによる最適な快適さを実現する点が絶賛されています。

 

今夏は、温度を自動で調整してくれるこの「Ambi Climate 2」と「Kryo Sleep」で、快眠を手に入れてみてはいかがでしょうか?