ヘルスケア
ダイエット
2017/11/16 11:00

材料を切って入れるだけ!時短&簡単なダイエットスープレシピ

冬は、家でも職場でも温かい食事をとりたくなる季節。そこでおすすめなのがスープジャーランチ。スープジャーに小さく切った材料を入れて熱湯を注ぎ、30分~1時間ほど待つだけでおいしいスープが完成! 野菜をたくさん使えば低カロリーで満腹感が得られるから、ダイエット中にぴったりなんです。

20171115_hayashi_FT_01

 

ラクやせランチには、スープジャーが大活躍

スープジャーランチは油をほとんど使わず調理でき、水分でお腹がふくらむから、基本的に低カロリー。
これ1品とおにぎりやパンで満腹になれるように、スープジャーは容量が300ml程度のものを選びます。

 

「基本の具は、やはり野菜。たっぷり入れられるように、塩もみや下ゆででカサを減らすのがコツです。
たんぱく質源は生ものを避け、保温調理だけで食べられるハム、豆腐などの加工品が安心。
必ず熱湯を使うことも守ってください」(管理栄養士・大越郷子先生)

 

お腹も満足! 野菜たっぷりスープのレシピ3選

材料をいれておくだけで、スープジャーの保温効果が勝手に調理してくれる超お手軽レシピ。
今回は野菜のうまみがたっぷりと感じられる3つのレシピをご紹介します!

 

スープジャーの底まで野菜どっさり

「塩もみキャベツとソーセージのカレースープ」
<1人分172kcal>

20171115_hayashi_FT_02

【材料(1人分)】
キャベツ:1枚
にんじん:15g
じゃがいも:1/2個
たまねぎ:1/5個
ソーセージ:1本
塩:少々
Aカレー粉、バター:各小さじ1
A顆粒コンソメスープの素:小さじ1/2
A黒こしょう:少々

 

【つくり方】
(1)キャベツ、にんじん、じゃがいもはせん切り、たまねぎは薄切り、ソーセージは薄い輪切りにする。
(2)ボウルにソーセージ以外の1を入れ、塩をふってよくもみ混ぜ、水けをしっかりときる。
(3)スープジャーに2、ソーセージ、Aを入れ、ジャーの内側の線まで熱湯を注ぎ、ふたをして30分以上おく。

 

 

ごま油の香りがきいて満足度UP

「トマトときゅうりの中華風スープ」

<1人分90kcal>

20171115_hayashi_FT_03

 

【材料(1人分)】
きゅうり:1/2本
たまねぎ:1/6個
トマト:1/2個
ツナ缶:20g
鶏がらスープの素:小さじ2/3
ごま油:小さじ1
塩、こしょう:各少々

 

【つくり方】
(1)きゅうり、たまねぎは5mmの角切りにし、トマトは粗く刻む。
(2)スープジャーに1とツナ缶、調味料を入れ、ジャーの内側の線まで熱湯を注ぎ、ふたをして30分以上おく。

 

 

プチプチ明太子でうまみづけ

「セロリとチンゲンサイの明太子スープ」

<1人分64kcal>

20171115_hayashi_FT_04

【材料(1人分)】
チンゲンサイ:1/2株
セロリ:20g
にんじん:15g
明太子:1/2腹
しょうゆ:小さじ2

 

【つくり方】
(1)チンゲン菜はちいさめに刻み、耐熱皿に入れてラップをかけ、電子レンジで30秒加熱する。セロリは筋をとって薄切り、にんじんはせん切りにする。明太子は薄皮から身をこそげとる。
(2)スープジャーに1としょうゆを入れ、ジャーの内側の線まで熱湯を注ぎ、ふたをして30分以上おく。

 

 

野菜をおいしくとりいれながら、健康的なダイエットをはじめてみてはいかがでしょうか!

 

 

大越 郷子

管理栄養士、フードコーディネーター。服部栄養専門学校卒業後、病院栄養士を経て現在に至る。雑誌や書籍を中心としたダイエット・健康・美容などの栄養指導など幅広く活躍。体によくておいしいレシピに定評がある。