ヘルスケア
ダイエット
2018/5/1 11:00

厳しい糖質ダイエットは卒業!? 「ロカボ」を取り入れた「20品目のサラダBOX」がローソンに新登場

毎週のように多くの新商品が発売されるコンビニエンスストア。その中から“ヘルシー”に注目して商品をレビュー・紹介していきます。今回紹介する一品は、4月17日(火)よりローソンで発売された「20品目のサラダBOX(塩麹チキン)」。

 

 

 

新しい食生活“ロカボ”をとり入れたローソンの新作サラダ

 

最近では糖質の摂取を抑える「糖質ダイエット」が流行っていますが、無理な糖質制限は体によくありません。そこで注目されているのが、“おいしく楽しく適正糖質”を理想とした食生活の「ロカボ」です。

 

ロカボとは「1食で摂取する糖質量を20~40gにする」という新しい食事の考え方。今回紹介するローソンの新作サラダには、一般社団法人の食・楽・健康協会が認定した「ロカボマーク」がついています。糖質はしっかりと28.5gに抑えられているので、糖質ダイエット中の人はぜひチェックしてくださいね。

 

同商品は1日に必要な野菜量の1/3が摂取できる多品目サラダ。横に長い容器は5つのセクションに分けられており、「雑穀サラダ」「ほうれん草ひじき和え」「切り干大根サラダ」「角切り野菜のサラダ」「塩麹チキンとトマトソース」が入っています。扱っている具材が20品もあって内容量がボリューミー。どんなテイストなのか一品ずつチェックしていきましょう!

 

まずは「ほうれん草ひじき和え」を味見。柔らかいほうれん草を噛む度に、やさしい味のつゆがしみ出てきます。ひじきは、ほうれん草と一緒に食べたときの奥深い味わいが美味。次の「切り干大根サラダ」は、シャキシャキとした食感の大根がクセになるおいしさです。マヨネーズ和えのまろやかな味に箸が止まらなくなるはず。

 

 

3つ目の「角切り野菜のサラダ」には、カボチャやニンジン、サツマイモが入っています。カボチャとマッシュされたサツマイモがマッチし、程よい甘味がGOOD。唯一の肉要素「塩麹チキンとトマトソース」は、しつこくないシンプルなテイストです。トマトソースの酸味がとり肉本来のうまみを引き出していて、食べ応え抜群。4つのメニューはどれもやさしい味わいなので、最後まで飽きることなく食べられそう。

 

 

最後の「雑穀サラダ」には、ヘルシーフードの「五穀」と「キヌア」がふんだんに使用されています。サラダとありますがほぼ“ご飯もの”で、他のメニューをおかずにして食べるのがおすすめ。

 

 

 

購入者からは「ボリューム満点なのに低糖質って完璧」と好評の声が数多く上がっているので、この機会に同商品を堪能してみては?

 

 

文/プリマ・ドンナ

 

TAG
SHARE ON