ヘルスケア
ダイエット
2018/7/23 11:15

餃子の皮に要注意!? 意外と知らない糖質制限ダイエット中に気をつけたい食材

ダイエットや筋トレ中の食生活として話題の糖質制限ですが、糖質が含まれる食材は意外と多くあります。何も知らずに食べてしまうと、糖質のとりすぎでかえって体に悪いかも。今回は、意外と知られていない糖質たっぷりな食品をご紹介します。

 

餃子&春雨スープは危険!?

6月13日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」(テレビ東京系)に、AGE牧田クリニックの牧田善二先生が登場。糖質制限の専門家でもある牧田先生が、糖質制限ダイエット中に食べてはいけないメニューを教えてくれました。

 

糖質制限ダイエットとは、炭水化物や甘いものだけを控えた食生活が中心のダイエット方法。世間では糖質オフと書かれた食品の数も増え、今やすっかりダイエットの定番となっています。しかし牧田先生曰く、間違った食品を食べてしまうと逆効果になる可能性が。食材の特徴を正しく把握して、糖質制限を成功させましょう。

 

糖質制限中の人が選びがちな食材のひとつに、野菜たっぷりの餃子があります。しかし餃子の皮は炭水化物である薄力粉からつくられており、100g当たりの糖質量は約30g。これは鶏のから揚げの約5倍の数値になり、衣が薄い分からあげのほうが低糖質です。続いては、ラーメンやパスタの代わりに選ばれることが多い春雨スープ。春雨は低カロリー食材としておなじみですが、原料がデンプンなので糖質制限には不向き。同じ麺類なら、うどんのほうが糖質の量は少ないですよ。

 

意外な食材の糖質の多さに、視聴者からは「カロリーが低い食べものでも糖質が多いなんて意外」「春雨は何も考えずに食べてた」「餃子の皮は盲点! 気をつけよう…!」と驚きの声が続出しています。

 

 

糖質制限中に選びたいメニュー

 

気をつけなければならないのは食材だけでなく、調味料やドリンクにも意外な落とし穴が。例えばノンオイルドレッシングは、低カロリーにするために味の調整で糖質が増えていることがあります。ドレッシングをほかのものに置き換えるなら、糖質ゼロのオリーブオイルに塩を足したものがおすすめ。豆乳は体にいいドリンクですが、糖質制限中は豆乳の種類に注意が必要です。調整豆乳には砂糖が含まれているので、無調整と書かれているものを選んでください。

 

野菜にも糖質が含まれているので、レンコンなどの根菜やイモ類は避けたほうがベスト。また成分表示がチェックできる食品の場合は、炭水化物から食物繊維の数値を引いた数が糖質量になります。食品の特徴や成分をしっかりチェックして、糖質制限ダイエットを成功させたいですね。

 

文/プリマ・ドンナ

TAG
SHARE ON