ヘルスケア
ダイエット
2018/10/18 18:00

息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える

同じ食事なのに、なぜ体重の増減が人によって違うんだろう? 家族や友人を見てそう思うことって時々ありますよね。この違いは代謝と関係していますが、最近、手軽な方法で代謝を測定してくれるテクノロジーがクラウドファンディングに登場して大きな注目を集めています。

その名も「Lumen」。Indiegogoで圧倒的な注目を集めるこのデバイスは「食べ物をエネルギーに変えるメタボリズムは人や日にち、タイミングによって異なる」ことに目をつけて、その時々のメタボリズムを測りながら食事のコーチングをしてくれるプロダクトなんです。価格はひとつ約2万8000円(発送料別)と決して安くはありませんが、多くの人たちから支援を得ることに成功。2億円を越える資金を集めました(目標金額の約3500%)。

 

Lumenは2つの要素から成り立っています。ひとつは息を吹きかけることでユーザーの身体が「脂質を燃焼」しているのか「糖質を燃焼」しているのかを検知するデバイス。そして、その結果に基づいて、専用アプリがどのような食事を摂ればよいのかを提案してくれます。

例えば、下の画像を見ると、メーターは左側の「脂質燃焼」に少し振れており、「昨日の低炭水化物ダイエットの効果ですね。今は脂質が燃焼されています」というコメントが。さらに、その下には「好きなパスタを食べてもよし」「いつもより長めの睡眠を取りましょう」「ブートキャンプ形式のエクササイズをしましょう」というアドバイスも表示されています。

本製品は一日の献立も提案。例えば、「低炭水化物の日」向けの朝食として、グラノーラ、アーモンド、ヨーグルト、そしてフルーツが提案されています。

Lumenを使えば、前日の睡眠や運動、食事が私たちの代謝にどのような影響を与えているのかをチェックすることが可能。毎朝Lumenで自分の代謝の状況を確認することで、その日ごとにベストな食事計画やワークアウト計画を立てることができるというわけですね。

 

エクササイズもより効果的になるかもしれません。本製品はトレーニングに必要なエネルギーがちゃんとあるかどうかをチェックするのにも使えます。「この距離をランニングするにはエネルギーが不足しているようです。間食で炭水化物を多く摂りましょう」というようなアドバイスがもらえるんですね。

 

科学者、医師、栄養士からなるチームが4年かけて制作したLumen。呼気に含まれる酸素と二酸化炭素の割合を調べることで身体の代謝の状態を分析するという仕組みですが、この技術自体は真新しいものではなく、トップアスリートたちのトレーニングなどに長年活用されていました。しかし、従来では検査時間に60分ほどかかり、そのうえ分析にも時間を要していたのですが、本製品はその時間を大幅に短縮することに成功。デバイスに息を吹きかけるだけで検査が終わり、結果もすぐに見れるところにその最大の価値があるでしょう。

 

既にベータ版を使った実験が300人を対象に行われており、最初の1か月で平均して約3キロの体重減少という結果が得られたとのこと。

  1. 1
  2. 2
全文表示