ヘルスケア
2019/7/6 19:30

毎日の健康管理に。「30秒以内」に測定可能な体温計4選

風邪やインフルエンザなどの発熱時はもちろん、毎日の健康管理に欠かせない体温計。毎朝子どもの登園前に検温をしているという方も多いのではないでしょうか。忙しい朝だったり、発熱してぐったりしているときには、サッと正確に体温を測定できるとありがたいもの。そこで今回は、大人も子どもも使いやすく、短時間で測定可能な体温計5選を紹介します。

 

目次

 


先端が平らではさみやすい体温計


オムロン けんおんくん わき専用 MC-681


 


 

「オムロン けんおんくん わき専用 MC-681」は、平均20秒で予測検温のできるスタンダードタイプのわき専用の電子体温計です。本体の長さは110mm。小さくて軽いコンパクトデザインなので、わきにはさみやすく、腕の細い子供や高齢の方でも、楽に検温できます。

 

また、先端が平らになった独自のフラット形状を感温部に採用。わきにしっかりフィットしてずれにくいため、正しい検温が可能です。検温結果は、大型液晶画面に大きな文字で見やすく表示。小さな文字が見えにくくなった方にも安心です。

【詳細情報】
サイズ:幅30×長さ110×厚さ14mm
重量:18.1g

 


わずか2秒で計測可能な赤外線体温計


dretec ドリテック TO-300WT


 


 

「dretec ドリテック TO-300WT 」は、わずか2秒で測れる赤外線体温計です。忙しい朝やなかなかじっとしてくれない赤ちゃんや子どもでも素早く簡単に体温を測ることが可能。しかも大画面ではっきりと表示が読み取れて、わかりやすいマーク表示なので急いでいるときの検温にも便利です。

 

また、体温計モードと物体表面モードの2つのモードに切り替えが可能。体温計モードで体温を、物体表面モードでミルクやスープなどの温度を測ることができます。医療用の用途だけでなく、育児や介護など生活のあらゆるシーンで使えて便利。オートパワーオフ機能もついて安心ですね。

【詳細情報】
重量:90.7g
カラー:ホワイト・ブルー

 


丸洗いのできる体温計


テルモ ET-C231P


 


 

「テルモ ET-C231P」は約20秒でスピード検温が可能なわきにはさむタイプの体温計。大きな特徴は水で丸洗いができることです。一本を家族全員で使うことの多い体温計ですが、清潔に使うことができるように、本体と収納ケースが水洗いできる防水タイプなのはうれしいですね。

 

また、バックライト付きの大型液晶表示で見やすく、検温終了時にはバックライトが点灯。ピポピポ音でも検温終了をお知らせします。ユーザーからは「他のメーカーの体温計も持っているが、このテルモの体温計の結果が一番正確な気がする」との評価も。

【詳細情報】
サイズ:14.4×6×4.4cm
重量:13.6g

 


先が曲がるやわらかタッチ体温計


dretec ドリテック TO-200PK


 


 

「dretec ドリテック TO-200PK」は、先端部分が曲がる便利な体温計。肌にやさいしいやわらかタイプなので、わきに挟んでも痛くありません。じっとしにくい乳幼児の体温管理におすすめで、検温スピードはわずか30秒の予測式体温計です。急な発熱時や毎日の検温管理もこれなら簡単ですね。

 

また、測定結果が37.8℃以上の時は、通常とは異なるブザー音でお知らせしてくれます。高熱の時は、数字を実際に見なくても素早く気づくことが可能。さらに、菌の増殖を抑える抗菌タイプなので家族で使いたい方にも嬉しいですね。

【詳細情報】
重量:49.9 g

 

目次に戻る

TAG
SHARE ON