ヘルスケア
ダイエット
2019/5/8 11:00

真っ赤なサラダで気合い注入?! 辛味とコクが味わえるファミマの「四川風よだれ鶏のサラダ」

毎週のように多くの新商品が発売されるコンビニエンスストア。その中から“ヘルシー”に注目して商品をレビュー・紹介していきます。今回紹介する一品は、4月16日(火)よりファミリーマートで発売された「四川風よだれ鶏のサラダ」。商品名についている「よだれ鶏」は四川料理の中でも人気のピリ辛蒸し鶏料理で、ネット上でも「ピリ辛でおいしい! ご飯が進む味だな」「大好きすぎて無限に食べられる気がします」「面白い名前の料理だなと思って1度食べたら、すっかりハマっちゃいました」という声が多く見られました。火のマークが3つも描かれたパッケージを開けて、早速レビューしていきましょう!

 

 

食べごたえ満点のピリ辛サラダ!

中は2段になっていて、鶏肉や野菜が乗っている段とキャベツだけが入っている段に分かれていました。鶏肉にはすでに赤いドレッシングがかかっていましたが、それとは別にカップに入った真っ赤なドレッシングと花椒が添えられています。ごまラー油のドレッシングをかけてから具材を混ぜていくと、全体が真っ赤で辛そうな色に。花椒はひとまず置いて、ドレッシングのみで食べてみます。

 

蒸し鶏と野菜を一緒にいただくと、一瞬で鋭い辛みが舌を刺激しました。ごまラー油のドレッシングは、ただ辛いだけではなくごまのコクとラー油の香ばしさで満足感も抜群。あと味もピリピリと刺激的な味つけは、野菜の甘さや鶏肉のしっとりしたうまみを際立たせて次のひと口がすぐに欲しくなります。

 

次に花椒をかけて味の違いを比べてみました。ふりかけてすぐに変化がわかるほど、スパイシーな香りが強烈。花椒がたっぷりかかった鶏肉をいただくと、ドレッシングだけのときよりもシビれる辛さを感じました。ラー油の香ばしい匂いと花椒のほのかに酸っぱい香りが混ざり、風味もさわやかに変化。舌がジリジリと燃えるような辛さと野菜の甘さを楽しんでいるうちに、ペロッと完食してしまいました。食べ終わってから少しすると、舌のシビれがスッと消えていくのもGOOD。痛みを感じる激烈な辛味ではなく、コクとうまみを味わえるサラダです。

 

実際に購入した人は「サラダとは思えない刺激的な味わいで、どんどん食べられる」「びっくりするほど本格的な四川風。舌がヒリヒリするけど箸が止まらない」「口の中が燃えているみたい! サラダだから食べ終わったあとのさっぱり感もいいね」「辛いもの好きにはたまらない味つけです」と大好評。辛いもの好きの人だけでなく、「今日は気合いを入れたい!」という人もぜひチェックしてみてください。

 

 

 

文/プリマ・ドンナ

TAG
SHARE ON