ヘルスケア
ダイエット
2019/5/21 11:00

うま辛麻婆の決定版! 4種のジャンと2種の花椒を使ったセブンイレブンの「花椒の痺れ! 四川風麻婆豆腐」

毎週のように多くの新商品が発売されるコンビニエンスストア。その中から“ヘルシー”に注目して商品をレビュー・紹介していきます。今回紹介する一品は、5月7日(火)よりセブンイレブンで発売された「花椒の痺れ! 四川風麻婆豆腐」。刺激的な辛味が人気の四川風に仕上げた中華の定番料理です。四川料理のファンは多く、ネット上でも「爽快感のある辛さが大好き。花椒もっと流行ればいいのに」「辛さの奥にうまみがギュッと詰まってますよね。何度でも食べたくなる味」とハマった人の声が続出。溶岩のような色合いで待ち構える麻婆豆腐に、さっそく挑戦します!

 

 

花椒のパワーで体ポカポカ!

レンジでアツアツにした同商品を取り出すと、フタを開ける前から特徴的な花椒の香りに鼻が刺激されました。豆板醤や甜麺醤など4種類のジャンとにんにくを炒めたというあんは、コクのある甘い匂いで食欲をそそります。スプーンを入れると湯気がより立ちのぼって、香辛料のスパイシーな香りがいっそう強烈になりました。

 

ごろっと大きな豆腐と一緒にあんをたっぷりすくって、むせないように気をつけながらいただきます。ひと口目でまず感じたのは、辛味よりもみそのような甘いコク。複数のジャンが生み出す濃厚なうまみを堪能したあとに、じわじわと辛味がやってきました。ビリビリと痛みを感じる辛味ではなく、舌が痺れる静かな辛味。苛烈ではないものの強いインパクトがある、花椒が持つ独特の風味が味わえます。

 

大きくカットされた豆腐はふわふわのやさしい食感で、あんと一緒に食べるとほのかに甘みを感じました。小さくカットされた長ネギは香ばしさをアップさせてくれるとともに、食感がアクセントに。ときどき見つかる黒い花椒の粒をかむと、香りがより華やかに広がります。2種類の花椒を使った爽快な辛味はいつの間にかスッと消えますが、かすかな舌の痺れが残るのも特徴的。食べ進めるうちに体が温まって、額に汗をかきながらもスプーンが止まりませんでした。

 

実際に購入した人からは、「辛いだけじゃないうまみが大好き! これはご飯が進むな…」「セブンの四川風はしっかり花椒の香りがする。味もそうだけど香りがいいよね」「辛すぎるだけじゃなくてコクがある麻婆。毎日リピートしちゃいそう」といった感想が寄せられています。食後もしばらく体がポカポカして、燃えているような感覚が味わえる「花椒の痺れ! 四川風麻婆豆腐」。刺激がほしいときや元気をチャージしたいときに、ぜひチョイスしてみてください。

 

 

 

文/プリマ・ドンナ

TAG
SHARE ON