ヘルスケア
ダイエット
2019/5/30 11:00

とろ~りチーズが鶏肉とからみあう☆ 温サラダ仕立てで楽しめるローソンの「チーズタッカルビサラダ」

毎週のように多くの新商品が発売されるコンビニエンスストア。その中から“ヘルシー”に注目して商品をレビュー・紹介していきます。今回紹介する一品は、5月14日(火)よりローソンで発売された「チーズタッカルビサラダ」。韓国の定番料理「タッカルビ」にチーズを加えた「チーズタッカルビ」 をサラダ感覚で食べられる商品です。サラダでピリ辛のテイストが味わえると人気で、「ピリ辛のサラダがやみつきになる」「パッケージを見てすぐにカゴの中に入れました」「野菜もたくさん入っているから栄養満点!」などの声が続出中。フレッシュな野菜とチーズタッカルビの組み合わせは、一体どのような味わいなのでしょうか?

 

 

サラダなのに温めてから食べる!? ローソンの「チーズタッカルビサラダ」

サラダと表記されていますが、電子レンジで温めてから食べる同商品。早速レンジで加熱を始めると、中央にトッピングされているチーズがとろ~り溶けていきます。アツアツの状態になったので、まずは香りからチェック。フタを開けた瞬間に、食欲をそそるスパイシーな香りが鼻を刺激しました。

 

香りを楽しめたところで、次はサラダスタイルになっている具材を確認。鮮やかなにんじんやリーフレタス、キャベツ、ブロッコリーなどが入って充実した内容になっています。メインとなる鶏肉は、大きめにカットされてゴロッとした見た目に大満足。サラダでありながら、食べごたえにも期待できそうですね。

 

メインとなる鶏肉から実食していきます。ジューシーに仕上げてある鶏肉を口に入れると、ピリッとする辛さが広がりました。溶けたチーズとしっかりからみ、驚くほど濃厚な味わいに。チーズが鶏肉にマイルドさもプラスされたおかげで、しつこさを感じずに食べられました。

 

鶏肉だけではなく、野菜の食感まで楽しめるのも同商品の魅力です。キャベツやリーフレタスは温めてからも歯ごたえが残り、心地のよい食感をキープ。チーズとも絶妙にマッチして、キャベツの甘みがより引き立ちます。隅に添えてあるブロッコリーは、しなやかな食感でソースとも相性抜群。サラダとチーズタッカルビの甘辛さが、食べ終わる頃にはクセになってしまうかも。

 

サラダの要素もある「チーズタッカルビサラダ」を食べた人からは、「チーズと鶏肉がおいしすぎる!  これはリピート決定だね」「チーズの舌ざわりとキャベツのシャキシャキ感にハマった」「ピリ辛ソースが何度も食べたくなる味わいでした」といった声が上がっています。野菜も豊富にとれたので、食生活が偏りがちな人にもおすすめですよ。

 

 

文/プリマ・ドンナ

TAG
SHARE ON