ヘルスケア
ダイエット
2019/6/24 11:00

味つけには久米島の泡盛を使用! 本格的なチャンプルーが味わえるセブンの「旬を味わうゴーヤチャンプルー」

毎週のように多くの新商品が発売されるコンビニエンスストア。その中から“ヘルシー”に注目して商品をレビュー・紹介していきます。今回紹介する一品は、5月28日(火)よりセブンイレブンで発売された「旬を味わうゴーヤチャンプルー」。今や夏の定番惣菜となったゴーヤチャンプルーが、泡盛を使用した味つけで楽しめます。ゴーヤ好きからも注目を集めており、「セブンにゴーヤチャンプルー出た! 絶対に買わなきゃ」「ゴーヤがたくさん入ってておいしそう」といった声が相次ぐことに。味つけにもこだわりのあるチャンプルーを、徹底調査です!

 

 

かつおだしと久米島の泡盛の味つけが絶品!

にんじんやゴーヤ、たまごが色鮮やかな同商品。ふたを開けるとかつお削り節のさわやかな香りが伝わってきました。具材にはたっぷりの豆腐が使われていて、食べごたえも期待できそう。レンジで温めてから、早速いただいてみます。

ひと口サイズにカットされた豆腐に、ゴーヤとにんじんを乗せて味わいをチェック。豆腐と野菜の食感は相性がよく、ふっくらした豆腐にコリッとしたゴーヤとにんじんの歯ごたえも絶妙です。味の決め手になるのはかつおだしと久米島の泡盛で、さわやかなテイストのチャンプルーに奥深いコクをプラス。豆腐もだしの風味をしっかりと吸い込んでいるので、存分にチャンプルーのおいしさを堪能できます。

 

チャンプルー最大の特徴は、やはりゴーヤ。舌にふれると感じる皮のつぶつぶが、愉快な舌ざわりです。シャキッとした食感と共に口に広がったのは、ゴーヤのすっきりするような苦み。泡盛の軽やかな味つけで、エグみを抑えた食べやすいゴーヤに仕上がっています。また、同商品には豚肉が入っていることもポイント。豚肉のプリプリな身に泡盛の甘みとかつおだしがマッチして、普通の野菜炒めよりも香り高い豚肉が味わえました。

 

同商品を実際に食べた人からは、「苦みがちょうどよくて食べやすい。ゴーヤが苦手な人でも食べられそう」「野菜がたっぷり入っていて健康的。冷めても全然味が落ちないのもすごい!」「泡盛を使った味つけが新鮮でした。豚肉にだしがしみてて、とにかくおいしかった」「チャンプルーが大好きだから、コンビニで購入できるのはすごくうれしい」と大好評。

 

久米島まで足を運ぶことなく、泡盛で味つけされた本格的なうまみを味わえる「旬を味わうゴーヤチャンプルー」。すっきりしたゴーヤの苦みで、夏のけだるさを吹き飛ばしてみては?

 

 

文/プリマ・ドンナ

TAG
SHARE ON