ヘルスケア
ダイエット
2019/8/29 11:00

シャキシャキ野菜がたっぷり♪ こだわりのスープが味を引き締めるローソンの「牛肉の冷製もちもち生フォー」

そうめんやそばなどの冷やし麺は、夏になるとつい食べたくなりますよね。定番の麺類も魅力的ですが、たまには一風変わったメニューを試したい人も多いのでは? 今回セレクトしたのは、8月6日(火)に発売されたローソンの「牛肉の冷製もちもち生フォー」。フォーとはベトナム料理で代表的に使われる米粉の麺のこと。同商品はフォーを冷たいスープでいただける一品です。ネット上でも、「モチモチしたフォーと冷たいスープが合うんだよね~」「野菜がたくさん摂取できるところも地味にありがたい」といった声が。冷製の牛肉やスープは、一体どのような味わいなのでしょうか?

 

 

チキンやビーフのうまみが際立った絶品スープに感動!

上段と下段で分かれたパッケージに入っている同商品。上段にメインの牛肉や黒ごしょうを和えたもやし、紫たまねぎ、レモンなどが盛られています。下段は丸鶏や牛すじのうまみを凝縮したスープとフォーがお目見え。歯ごたえに期待ができる具材と、フォーの組み合わせも注目すべきポイントですね。

 

お皿に移動させて、まずはフォーをひと口。平打ちの麺はツルッとする食感や、モッチリした弾力を楽しめます。冷たいスープとも相性がよく、スターアニス(八角)の香りが鼻を刺激。スープはしっかりとした味わいなので、もの足りなさを感じることもありません。

 

今度は具材とのバランスをチェック。牛肉を実食してみると、ひんやりした状態でもお肉のうまみが口の中に広がります。味の決め手には、こだわりのカルビたれを使用。たれには唐辛子を加えており、ピリッとする辛味と肉のうまみが際立つ印象でした。

 

次にチョイスしたのは、黒ごしょうで和えたもやしです。フォーと一緒に食べたところ、シャキシャキした食感が麺と見事にマッチ。あとから黒ごしょうのスパイシーな風味がふわりと漂ってきます。

 

半分ほど食べ進めたので、レモンをしぼっていきましょう。フルーティなレモンの酸味で、フォーはスッキリした味わいにチェンジ。レモンの効果でスターアニスの香りが一層引き立つ上品な仕上がりです。

 

具だくさんの食材とフォーを同時に味わえる同商品には、「モッチリしたフォーとシャキシャキ野菜のコンビがやみつきになりそう」「コンビニとは思えないほどハイクオリティーなスープに大満足」「冷やしたフォーを初めて食べたけど、あまりのおいしさに驚いた! 暑い日でもスルッと完食できたよ」などの反響が上がっていました。今年は冷たいフォーが大ヒットするかもしれませんね。

 

 

 

ライター/プリマ・ドンナ

TAG
SHARE ON