ヘルスケア
ダイエット
2019/9/6 11:00

食感も味わいもやさしいほうじ茶スイーツ♪ 高クオリティなファミマの「ほうじ茶ムースの和ぱふぇ」

こうばしい香りとやわらかな苦味が特徴のほうじ茶。すっきりした味わいで甘みとの相性もよく、和スイーツの新定番としてブームの兆しを見せています。そのほうじ茶をふんだんに使ったコンビニスイーツが、8月20日(火)にファミリーマートから発売された「ほうじ茶ムースの和ぱふぇ」。たっぷりのムースだけでなく、底にもほうじ茶味のゼリーを使った2層仕立てのカップスイーツはチートデイにぴったり。淡い色合いのムース以外にもクルミや黒みつゼリーなど、全体が落ち着いたブラウンカラーにまとまっているのもキュート。注目の“和ぱふぇ”を、さっそくいただいてみましょう!

 

 

やさしい味わいと食感でリラックス…

渋い色合いでまとめられたトッピングは、粗びきのクルミと黒豆。ほかには角切りにされた黒みつゼリーが3つ、白く輝くたっぷりホイップクリームに引き立てられるように乗っています。ほのかに漂う黒みつのしっとりした香りは、ほうじ茶の匂いとも相性抜群。胸いっぱいに吸いこむだけで、ちょっと気分がリフレッシュできそうです。

まずはトップのホイップクリームから実食。口に入れた瞬間は軽い印象ですが、舌の上で溶けていくと濃厚な味わいに。北海道産生クリームがブレンドされたホイップのミルク感が、散らされたクルミの食感と香りで一層引き立っていました。続いて下のほうにあるほうじ茶のムースと一緒に味わってみると、ムースの控えめな甘さがホイップのまったり具合と抜群にマッチ。とろとろ食感のムースとホイップが混ざりあって、ほうじ茶の香りとミルクのやさしい甘みで幸せな気分になれます。

続いてムースと一緒に食べた黒豆の甘露煮は、濃密な味がどっしりと主張。黒豆はホクホク食感で、かむうちに少し塩気を感じられました。甘みは強いものの、ほうじ茶ムースのおかげであと味がキリっとしているのもグッド。さらに食べ進めると、底のほうじ茶ゼリーがお目見えします。ゼリーはほとんど甘みがなく、ほうじ茶の香りとやさしい苦みがメイン。ムース+黒みつゼリーと一緒に食べることで、口の中が、甘みと香りと苦みでお祭り騒ぎに。組み合わせる具材によって、まったく違ったにぎやかな味わいが楽しめました。

ネット上では、「甘すぎなくてステキ…。これは当たりですね!」「和スイーツ好きには絶対おすすめできる」「全体的にまろやかな味で、ひと休みのおやつにぴったり」「ほうじ茶に合う具材のオンパレード。黒みつゼリーとの組み合わせが最高でした」といった声が続出。食感も味わいもやわらかな、リラックススイーツを味わってみてはいかが?

 

 

 

文/プリマ・ドンナ

TAG
SHARE ON