ヘルスケア
ダイエット
2019/11/1 11:00

油少なめでもジューシーに作れる「なすと鶏むね肉のしょうが焼き」 #今日の作り置き

しょうがの風味が食欲をそそる「なすと鶏むね肉のしょうが焼き」をご紹介します!
なすを色よくジューシーに仕上げるちょっとしたコツもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもぴったりの一品です!

 

監修:中井 エリカ

 

作り置きレシピ「なすと鶏むね肉のしょうが焼き」

【材料】(2人分)
鶏むね肉 1枚(350g程度)
なす 2本
☆塩 小さじ1/3
☆砂糖 小さじ1
片栗粉 大さじ1
◎しょうゆ 大さじ1
◎みりん 大さじ1
◎酒 大さじ1
◎おろししょうが 小さじ2
サラダ油 大さじ2
小ねぎ

 

【作り方】
(1)なすは長さを半分に切ってから、縦半分に切る。皮目に包丁で切り込みを入れる。◎の材料は混ぜ合わせておく。
(2)鶏むね肉はひと口大に切り、塩と砂糖を振って5分おき、片栗粉をまぶす。
(3)フライパンにサラダ油を熱し、なすの皮目を下にして並べる。空いているところに鶏むね肉も並べる。
(4)中火で焼き、焼き色がついたらひっくり返す。ふたをして弱火で3分蒸し焼きにする。
(5)ふたをとり余分な油はキッチンペーパーでふきとり、◎の調味料を加えて全体にからめる。
(6)仕上げに小口切りにした小ねぎを散らす。

 

【ポイント】
・なすは皮目から焼くことで、少ない油でもジューシーに仕上がります。
・保存期間は冷蔵で4日になります。

 

なすを色よく焼くコツは、最初に皮目を下に焼くこと。
なすの色素は水溶性なのでそのままだと退色や変色しやすいですが、最初に油でしっかり加熱しておくことで色よく保つことができます。

 

また、皮目を焼いてからひっくり返して蒸し焼きにすることで、少ない油でもジューシーに仕上がります。このやり方だと鶏むね肉もかたくなりにくく、生焼けの心配も少ないです。

 

ちょっとしたことですが、とてもおいしくなるポイントなのでぜひお試しくださいね!

TAG
SHARE ON