ヘルスケア
ダイエット
2019/11/6 11:00

お好み焼きより低糖質!野菜も食べられる「お好み風卵焼き」

小麦粉&やまいもを使わない低糖質な”お好み風卵焼き”のレシピはダイエット中、お好み焼きが食べたくなってしまったときにおすすめ! キャベツ入りのお好み焼き風だから野菜もたっぷりとれます。冷蔵庫で3日、冷凍庫で10日保存可能なのでぜひ試してみてください。

「お好み風卵焼き」

【材料】(作りやすい分量)
・卵…3個
・キャベツ…1〜2枚
・マヨネーズ…大さじ1
・サラダ油…適量
・お好み焼きソース…適量
・かつお節…適量
・青のり…適量

 

【作り方】
(1)キャベツはせん切りにして卵、マヨネーズとよく混ぜ合わせる。
(2)フライパンにサラダ油を熱して(1)を少量流し入れ、火が通ったら端から巻き、数回くり返して厚焼き卵にする。
(3)食べやすい大きさに切り、お好み焼きソース、かつお節、青のりをかけたら完成。

 

【ヘルシーポイント】
通常のお好み焼きから小麦粉ややまいもなどをのぞき、低糖質な1品になっています。
“完全栄養食品”と呼ばれる「卵」と、胃腸の調子を整え便秘解消にも効果的な食物繊維が豊富な「キャベツ」で、お弁当のおかずにもぴったり。
かつお節と青のりは仕上げにふりかけるだけで、日頃不足しがちなビタミンやミネラルを補える、便利な食材です♪

 

【アレンジ】
キャベツだけでなく、にんじんのみじん切り、コーンなど家庭であまっている野菜やお好みの野菜を加えてもおいしくできます! 野菜が多すぎると形が崩れやすいので、入れすぎには気をつけましょう。

 

監修:こじま えみ
TAG
SHARE ON