ヘルスケア
ダイエット
2019/11/14 11:00

大豆粉とアーモンドパウダーで糖質10g以下! 無印良品のミルクマフィン&バナナマフィン

「最近、糖質をとりすぎているな…」と感じたら、ゆる糖質オフ! 糖質はさまざまなものに含まれており、過剰な糖質は体脂肪として蓄えられてしまうので要注意です。ただごはんを半分にするのではなく余分な糖質を減らすのが現代では健康的な食生活のカギとなりそうです。減らしたい糖質のひとつがお菓子ですよね。今回は無印良品から登場した「糖質10g以下のお菓子」シリーズのマフィン2種を食べてみました。

糖質8gほどの低糖質マフィン

「糖質10g以下のお菓子」シリーズのマフィンは、小麦粉の量を減らし、大豆粉やアーモンドパウダーを使って、糖質10g以下に抑えています。
ミルクマフィンの糖質は8.4g バナナマフィンが8.25gとなっています。1個33gほどの中くらいの大きさのマフィンで、カロリーはそれぞれ124kcal、131kcal。パン寄りの食事系マフィンではなく、甘めのお菓子系のマフィンです。
また甘さを出すために砂糖が使われていますが、イヌリンも使われています。イヌリンは血中の中性脂肪を低減する効果があるとされている水溶性食物繊維です。

 

 

ずっしりした生地にやさしい甘みがあるミルクマフィン

カットしてみると、ずっしりと密度があり生地がしっかりとしています。レンジで温めるとふわふわのマフィンになり、ミルクのおいしそうな甘い香りが漂い、なんだかやさしい気持ちになります。生地の表面は少しパサっとしていますが、なかはしっとりとしています。甘さに加えて大豆粉とアーモンドパウダーの香ばしさもあるので、味わいが深く、ヘルシーな感じがします。

 

 

ピューレがおいしい、素朴なバナナマフィン

バナナマフィンにはバナナピューレが入っていて、香りといい味わいといい、バナナ感があっておいしいです。食べるほどにバナナのやさしい風味が口に広がります。ミルクマフィンよりもお菓子寄りかなと思いましたが、こちらのほうが甘さ控えめで食事系のマフィンに近いです。生地にバナナの色味も出ていて、よい意味で素朴な感じがするマフィンです。

 

市販のマフィンは糖質のほか、油や砂糖もたっぷり使われていて、わりと太りやすい食べ物に入ると思いますが、これは甘さも油っぽさも控えめ。
どっしりした大豆粉の存在感を感じさせ、食べごたえもあります。ふつうのマフィンよりもお腹いっぱいになる気がします。

 

糖質10g以下のお菓子 ミルクマフィン 1個 120円(税込)
糖質10g以下のお菓子 バナナマフィン 1個 120円(税込)

 

文・写真/庄司真紀

TAG
SHARE ON