ヘルスケア
2017/1/2 12:00

HELLO健康的な俺! 「HELLO 体組成計」で内臓脂肪量を把握してGoodBye正月太り

例年、年末年始についつい“食っちゃ寝”をしてお腹が出た……という人も多いのではないでしょうか? そんな人にオススメしたいのが、エレコムのHELLO 体組成計HCS-RFS01です。腹部全体の内臓脂肪を算出する体積推定方式を採用し、より正確な内臓脂肪レベルの評価を実現。脂肪が気になるお腹周りのダイエットなどに役立つ一台です!

 

20161226ble3_01
SPEC●電源:単4形乾電池×3●表示内容:体重、体重差(前回差)、BMI、体脂肪率、骨格筋率、骨量、基礎代謝、内臓脂肪レベル●サイズ/質量:約W303×H23×D283㎜/約1.4㎏

エレコム

HELLO 体組成計HCS-RFS01

実売価格5210円

MRI測定データに基づき腹部全体の内臓脂肪を算出する“体積推定方式”を採用。内臓脂肪量を1から30までのレベルで表示します。専用アプリ「HELLO」は、数値のログ機能や指定時刻の通知機能を搭載。

20161226ble3_02

↑ホワイト

20161226ble3_03

↑ブラック

 

三十路・四十路を走り出したら、増量が止まらない〜♪ という人は多いハズ。実際、40代男性の2人に1人は内臓脂肪型肥満といわれていますが、内臓脂肪の過剰蓄積はズバリ生活習慣病のもと。体重やウエストだけでなく、内臓脂肪量も日ごろからしっかり管理すべきです。

 

この体組成計は、胸の下〜腰上までの腹部全体のMRI画像24枚の測定データを元に、内臓脂肪の“体積”を推定。お腹全体の内臓脂肪の蓄積量を評価できるのが画期的です(※)。また、計測が楽しくなるアプリも用意。本機とともに、いまこそダイエットに踏み出しましょう!

※:従来の家庭用体組成計はへそ位置の断面画像1枚の測定データを元に、“面積”を推定、へそ周りのみの内臓脂肪のみ評価していました

 

20161226ble3_06

50g単位で体重変化を確認できます。ユーザー登録すると2回目以降は“のるだけ”で自動認識。

 

20161226ble3_05

本体で測った体重・体脂肪率をアプリに手入力。BMIや骨量などの残り5項目が表示されます。

 

【動画もCHECK!】

スポーツ医学の専門家が内臓脂肪計測の重要性を語る

共同研究者の田中喜代次氏が「内臓脂肪の過剰蓄積は病気発症率を3〜4倍に」と警告!