家電
衣類ケア
2017/3/16 17:59

シワもファッション? シワ容認派ヨーコ・フチガミ氏 VS シワ撲滅派パナソニック衣類スチーマー

東京・表参道で3月14日に行われたパナソニックの新製品発表会に、あの世界的トータル・ファッション・アドバイザー、「YOKO FUCHIGAMI(ヨーコ・フチガミ)」がゲストとして登場! 自身のファッションのこだわりについて、熱く語りました。

20170316_y-koba_panasonic (1)

 

パリコレ、“バリコレ”と世界を忙しく飛び回るフチガミ氏が緊急参戦?

言うまでもないかもしれませんが、ヨーコ・フチガミとは、お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さん扮するなりきりキャラクターの1人。衣類スチーマーの新製品発表イベントに登壇したにも関わらず、フチガミ氏は「ファッションは自然体が一番」「シワもデザインだからそのままでいい」と言い張ってシワ取りの必要性を認めません。それに対し、「シワ撲滅」を掲げるパナソニック・商品企画部の清藤美里氏。果たして、フチガミ氏を納得させることができるのかでしょうか?

20170316_y-koba_panasonic (2)
↑「ライフスタイルから生まれたシワは生かすべき」と考えるフチガミ氏(右)と“シワ撲滅”を掲げる清藤氏が真っ向から対立。舌戦を繰り広げます

 

フチガミ氏はシワ容認派? 「タンス・フチガミ」ブランドも展開

衣類スチーマーとは、ハンガーにかけたまま手軽に衣類のシワ伸ばしができる衣類ケアアイテム。パナソニックからは2013年11月に登場し、すでに累計販売台数100万台を突破している人気商品です。コンパクトで小回りが利き、スチーム量も多いため、スタイリストなどファッション業界でも愛用されているそう。一方、「シワもファッション」という考えから、シワを生かしたブランド「TANSU FUCHIGAMI(タンス・フチガミ)」を展開するヨーコ氏は「ありえない」といった様子です。

20170316_y-koba_panasonic (4)
↑自身がプロデュースするというブランド「TANSU FUCHIGAMI(タンス・フチガミ)」を披露。何年もタンスの奥に眠っていた味わいがあるそうで……

 

20170316_y-koba_panasonic_4_2
↑「ならば一度、シワのない状態を見てほしい」と清藤氏が取り出したのが、今回発表された衣類スチーマー「NI-FS530」だ

 

立ち上がり時間は約24秒!忙しい朝もスピーディーにシワ伸ばし

ここでいったん、パナソニック・衣類スチーマーの新モデル「NI-FS530」についてご紹介します。前モデル「NI-FS470」からの進化ポイントは大きく3つ。

20170316_y-koba_panasonic (6)
↑衣類スチーマーの新モデル「NI-FS530」。カラーは写真のダークブルーとピンクゴールド調の2種類。価格はオープンで、市場想定価格は1万1800円前後(税抜き)。4月21日発売予定

 

まずは、ヒーター構造を変更することで立ち上がり時間が前モデルの約40秒から、約24秒へと約20%短縮した点。また、スチーム発生部の温度を細かく検知するセンサーを搭載したことで、安定的にスチームを発生させることができ、湯飛びやムラも抑えるといいます。

 

2つ目は、スチーム噴射穴を1つ増やし、穴の配列を従来の縦1列から広範囲に放射状に配置した「連続パワフル&ワイドスチーム」の採用。これにより、衣類にスチームがあたる面積が広がり、さらに素早くシワを伸ばすことができるようになったそうです。

20170316_y-koba_panasonic (8)
↑スチーム穴を放射状に配置することで、より衣類にスチームが当たりやすくなりました

 

20170316_y-koba_panasonic (9)
↑スチームが噴射する範囲が広がった分、作業効率も高まりそう!

 

そして3つ目は、「自動ヒーターオフ」機能。電源が入った状態でもスチームボタンを触らない場合、約60分で自動でヒーターが切れる仕様になっており、安全性に配慮されています。

 

フチガミ氏もビックリ! 一回かけただけでもシワがすっきり

この新しい衣類スチーマーを使い、先ほどフチガミ氏が披露したシワシワのワイシャツのシワを伸ばすことになりました。「スチームをかける部分にテンションをかけながらアイロン面を当てていきます」と清藤氏が実演したところ、あっという間にシワが取れてしまいました。これにはフチガミ氏もビックリ!

20170316_y-koba_panasonic (11)
↑清藤氏に勧められ、フチガミ氏もシャツの前身ごろのシワ取りにチャレンジ。「何、この早さ!もうシワがなくなっちゃってるじゃない!」

 

半信半疑だったフチガミ氏も、実際の仕上がりの良さに驚きを隠せません。「デザイナーの作品が台無しよ!」と言いつつも、最後は「これが本来の服の姿なのね? 私のスタイリストたちにも渡しておこうかしら」と歩み寄りを見せていました。

20170316_y-koba_panasonic (12)
↑衣類スチーマー使用による違いは一目瞭然!

 

ちなみに会場には、ヨーコ・フチガミ氏とツーショット写真が撮れる等身大パネルや衣類スチーマーの巨大パネルなど、写真を撮ってSNSで投稿したくなるアイテムもたくさんあったので、TwitterやFacebook、Instagramなどで見かけた人も多いのでは? フチガミ氏の考えを瞬く間に変えてしまったこの衣類スチーマー、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

 

【SPEC】

●サイズ/質量:W70×D150×H150mm/700g ●消費電力:950W ●注水量:50ml