家電
2017/4/12 15:13

衣類乾燥スピードNo.1! 季節を問わずパワフルに使えるパナソニックの衣類乾燥除湿機をプレゼント!

「洗濯」は日常の家事のなかでも面倒な作業のひとつ。しかも、洗ったものは干さなければならない! しかも結構な重労働。そして、毎年、梅雨や冬場に洗濯物がなかなか乾かず頭を抱える人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、室内干しでもしっかり洗濯物を乾かせる衣類乾燥除湿機。そして、今回、パナソニックから“衣類乾燥スピードNo.1”を謳う新製品が登場しました。

※プレゼント応募フォームはページ下部にあります

20170410_y-koba2_1_R
↑4月20日に発売される衣類乾燥除湿機 F-YHPX200。価格はオープン

 

年中パワフルに使える「ハイブリッド方式」を採用

新モデルは、大量の洗濯物でも梅雨時(室温20℃、湿度70%)で約40分、冬季(室温10℃、湿度70%)で約57分という衣類乾燥スピードを誇り、これは家庭用衣類乾燥除湿機において最速(2017年3月1日現在)。季節を問わないパワフルな乾燥スピードを支えているのが、パナソニック独自の「ハイブリッド方式」です。

 

これは、空気中の水分を冷却器で冷やし、結露させることで除湿させる「コンプレッサー方式」と、デシカント素子に湿気を吸着させ、ヒーターで加熱して除湿する「デシカント方式」を組み合わせたもの。梅雨・夏に強いコンプレッサー方式と、秋・冬も強力なデシカント方式を自動で切り替えながら稼動するため、1年をとおしてスピーディに乾かすことができます。

 

また、洗濯物の干し方や量は各家庭やそのときどきで異なりますが、本機は「ワイド送風」「ウェーブ送風」「スポット送風」「下向き送風」という4つの送風モードを搭載。シーンに応じて効率的に乾燥させることができます。

Luxury front room with window overlooking the garden
↑「ワイド送風」モードは送風幅が約165cm。風を端までしっかり届けて一気に乾燥させます

 

ニーズに応えた2つの新機能

新モデルでは新たな機能がいくつか追加されていますが、なかでも注目なのが「少量乾燥コース」と「ツインルーバー」の2つです。

 

少量乾燥コースは、急ぎの洗濯物をすばやく乾燥させたいときに便利な機能。例えば、Tシャツ2枚なら約10分、Yシャツ2枚なら約15分で乾燥させることができます。これなら、前日に洗濯を忘れてしまったときや急な着替えが必要になった場合でも安心です。

 

ツインルーバーは、その名のとおり左右で独立したルーバーが異なるスピードでスイングするというもの。これにより発生するマルチクロス送風が洗濯物を揺らすので、衣類の重なった部分にもしっかりと風が届きます。1列でも、2列に詰めて干してもほぼ同じ速さでムラなく均一に乾くという利点もあります。

 

そのほか、乾いたら自動でストップする「カラッとセンサー」や気になる部屋干し臭を抑制する『「ナノイー」 + 衣類乾燥』、夜間にありがたい「音ひかえめモード」など、便利な機能を多数搭載。乾燥スピードだけでなく、使い勝手も良好です。また、衣類乾燥だけでなく、通常の除湿機として使用することもできます。

 

本機は、雨で洗濯物が乾かないときはもちろん、仕事の都合で夜に洗濯しなくてはならない場合や花粉がひどくて外に干したくない場合など、さまざまなシーンで大活躍! 一家に一台あると日々の洗濯の悩みを解決し、家事の負担を少なくすることができるのではないでしょうか?

 

製品情報の詳細はコチラ

 

【プレゼント】

今回ご紹介した衣類乾燥除湿機 F-YHPX200を抽選で1名様にプレゼント!

応募はコチラ